切除した胃壁を人工シートで再生 埼玉医大、がん手術に応用も

切除した胃壁を人工シートで再生 埼玉医大、がん手術に応用も

埼玉医科大学(消化器官の外科研究)他のMitsuo宮沢教授は、生きているブタの1/4の胃を切り取って、薄くスポンジ状の人工の席でそれを作った大きな穴を閉じて、27日までに胃壁を返すために実験に成功しました。 周囲のセルは詳細なスポンジで穴に入ります、そして、席が基礎になると言われていて、胃は再生します。 席はその後溶けないようになりました。 再現、宮沢教授の他が既にこの席で血管などを再生させる方法を開発しましたが、これが1回目に胃によって言われるように、大きく離れてください。 男性がそれを適用できるなら、胃癌で操作で切除された部分は、再生していて、患者の生活改善の役に立ちます。予想されます。
再生医療のように新しい万能細胞のiPS細胞などを使用する方法に注意を向けますが、目的とされたセルは作られているだけではなく、また、立体的な構造に利かせて、機能は重要な問題になります。
宮沢教授の他は奈良県立医科大学(iが設計されて)のikadayoshito教授が開発した席を使用しました。 この席の厚さで生体に吸収されて、容易に分解されている資料、および1milliを処理するのは、可能です。 胃からブタを使用した実験でそれぞれのための長さと幅6センチメートルの胃壁を切り取りました、そして、繰り返して3つの席をそこに縫いました。
食べられた量は減少しませんでしたが、ブタは席の環境からセルを徐々に集めました。 それは間もなく見えなくなったでしょう、そして、また、席は完全な10週間で溶けたでしょう、そして、かいようは途中ですることができましたが、胃は前者を形成しました。 粘膜の層構造、胃の筋肉のなどが形成されたと確認されました。
様々なセルになる可能性がある骨髄の起源のセルが胃の再現に参加して、メカニズムの明確化を進めると予想されます。
宮沢教授「男性への毒性が全くないと確認されて、臨床試験ができるなら、実用がこの席の近くにあります。 実験の許容できる結果は十二指腸、大腸、および食道などから行くでしょう。」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


鳥栖に予定の重粒子線がん治療施設、施設名決まる »
« 中央病院、ピンクリボン支援の自販機第1号設置