粒子線がん治療施設、「サガハイマット」

粒子線がん治療施設、「サガハイマット」

粒子線によってそれが近いのを13年の春の始まりを向ける癌を切らずに扱われた施設の名前は26日の「九州の国際的な重い粒子線癌の処理センター」で決めます、そして、愛称は九州のShinkansenの新しいTosu駅(Tosu市)で「伝説の高いマット」に決められました。 また、設立は始めさせられるので、貢献収集を打つ、必要でなる組織が、同じ日とデートしたと言われていて、民間からの基金は本気で行わされます。 (Ueyamaをsakiyasushiします)

同じ日の同じ都市では、構成した起業委員会(..=議長古河のヤスシ知事)は、県、同じ都市、九州電力株式会社、およびなど久光製薬などにおける公開の会議による法人の県の外の上位の大学に施設名を含む事業計画について決めました。

それに従って、予想された原価は、それが必要である150億円に関するそうです。 それは県の20億円に関する補助金以外に投資と貢献の約130億円で民間からそれを覆う予定です。 この日に設定された「設立支援委員会」(議長は九州経済連合会のShingo松尾と議長と等しい)は、調達を引き受けます。

調達の量は貢献から40億円と貢献を目標に90億円それぞれ掛けます。 「企業と厳しい経済状況的でしたが、それが致命的であったので、分かることができたグループがあったと思われました。」と、サポート委員会のマネージャであった古河知事も説明しました。

処理、そして、来年の1月の終わりの管理。基礎「伝説の国際的な重い粒子線癌の処理基礎(仮称)」を打ってください… planItは、2月の始めにそれを証明するために含まれていました。 ディレクター仮定は粒子線癌の治療について関する、専門家、大学、経済、および管理パーティーから要求されます。

「国際」の異論は施設名に織られました。 古河知事「日本は世界の重粒子線治療で進む予定です。 私は、中国、韓国、および台湾から来て欲しいと思います。 」そして、解決した、それによって、目的がわかりました。 愛称が英訳という施設名の初期から取られたと言われています。

4月の終わりに設立された特別目的会社「九州の重い粒子線要員派遣株式会社」は、基礎以外に施設の処理と管理を引き受ける維持と経営者側を持っています。

粒子線治療は、放射の種類と粒子線をボディーの癌に集中して陥らせて、それを破壊する治療法です。 それは、メスで切開するのに必要ではありませんが、公共の医療保険はかけられません、そして、また、副作用もわずかです、そして、患者の荷重が治療費の約300万円だけかかると思われます。

中の12の平均した照射処理は1つの人の事業計画で想定されます。 年間治療された患者の数は期待している800が最初に始まりの年間後の200人で年を4番目に住ませるということです。 医療機関から序論を受け取る患者が、基本的に治療されて、事前審議と診断が序論の起源で医療機関で終わると言われています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


中央病院、ピンクリボン支援の自販機第1号設置 »
« 骨肉腫と闘う:/13 布団かぶっても寒気で全身震える=社会部・佐々木雅彦 /大阪