骨肉腫と闘う:/13 布団かぶっても寒気で全身震える=社会部・佐々木雅彦 /大阪

骨肉腫と闘う:/13 布団かぶっても寒気で全身震える=社会部・佐々木雅彦 /大阪

そして、白血球がさらに減少する、: 1/8の正常値に、1週間の3月2日の下限は1番目のうちの3番目を冷やします。 持っているのは回復しました: 3日のちほど。 それは6日間続いた孤立の状態から解放されました、そして、車椅子で1番目まで戸外へ出ました。 日光で当たるとき、それは蘇る気持ちです、そして、風にそれ自体をさらします。
全身が覆われている不愉快は弱りました。 また、食欲は戻ります。 血液と肉になるのが可能であることを願っている間、それは何でも食べました。
また、左足の筋肉は少し続きました。 それはトイレで単独で車椅子と便座の動きができて生まれました。 ベッドでひっくり返るのは、可能です。 その時まで看護師の助けを受けました。 それは自分でそうすることができるすべて上で中でうれしいです。
3週間が最初に3月9日にすぐ終わった状態で冷えるとき始められて、2番目は冷えます。 最初にクール以外に抗ガン剤とihosufamidoは管理されます。 主治医から「小便、まめに。 酸が強いならぼうこう炎になるのが、簡単であり、それはそれを真っすぐにします。 」注意は受け取られています。 最初のクールな抗ガン剤への同様の副作用であったので、それは、不安定がとても多くであると感じませんでした。
しかしながら、翌日の10日の夕食の後に、寒さは覚えられていました。 自らの上にキルトを引いても、それは決着しません。 それは看護師に尋ねます、そして、1つの断片が増加しました。 それでも、全身はがたがたとすることを震えさせます、そして、ベッドはきしみやすいです。 温度は40.1度に上がりました。 <社会部とMasahiko佐々木(44)>

毎日新聞2009年10月27日地方版

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


粒子線がん治療施設、「サガハイマット」 »
« 食と医療セミナー:福岡のがん患者団体、参加者募集 篠栗で31日、来月1日 /福岡