高血糖+ピロリ菌ご用心!胃がんリスク4倍に

高血糖+ピロリ菌ご用心!胃がんリスク4倍に

高血圧糖値をもっている人は、胃癌にかかるというリスクが九州大学研究グループの追跡調査から高いのを理解していました。(ヘリコバクター属Pylori)が胃癌の原因であると仮定したヘリコバクター・ピロリを感染させるとき、1普通の人あたり高血糖の人の攻撃率は特に、4回でした。 研究グループは、「血糖値が抑圧されるなら、胃癌の危険は減少できます。」と仮定します。

研究がユタカKiyohara(58)教授に分類する、詳しく述べられて、生活習慣病予防他へのこの大学の薬の教授陣は1988年から14年間毎年福岡県の久山町で健康診断を実行している2600人の男女に関して追跡調査を40歳以上実行します。 97は調査のために期間を住ませます。胃癌展開しました。
研究グループは砂糖と血液の中のすべての物の人々のヘモグロビンを関係づける「ヘモグロビンA1c」対変化の比率を比較します。 胃癌の発病が人について評価する、6.0、6・9、%、2.13回が正常値の人と比較された、(5・0、–、5・9、%、)、7%以上の人々は2.69回でした。
さらに、攻撃が4つのグループのために別々に評定する胃癌は血糖値とヘリコバクター属Pylori感染の存在によって分析されます。 「それは標準で非感染した値でした」の人は578人を滑降させました、そして、11人で病気人のリスクの外観は最も低かったです。 「それは非感染した高血糖です」のようにそれと比べて、「正常値で、感染していること」は1.35回1.86の要素で増加します、そして、「高血糖で、感染していること」は4.03回に上がりました。
権威が胃腸病学分野にある状態で、調査結果を集めた論文は、「胃腸病学(gasutoroenteroroji)」という雑誌で発行されました。
Kiyohara教授「高血糖が胃癌の危険因子であることが理解されます。 生活習慣病の防止はまた、節度のない飲み食いを控えて、勢いが増加されているのに従って胃癌の危険を減少させるという効果を持っているように思えます。 」それは話します。 (中村をmeihiroshiします)

- ヘリコバクター・ピロリの粘膜を固く守る細菌が、胃と等しいです。 口頭がほとんど感染していると思われて、女性の40歳以上の人間と約60パーセントの日本の約70パーセントは感染しています。 それは強酸の胃液に生きています、そして、胃潰瘍(かいよう)と胃癌の病気の外観の原因であると考えられます。
(それは2009年10月27日15:48の読売

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


食と医療セミナー:福岡のがん患者団体、参加者募集 篠栗で31日、来月1日 /福岡 »
« がんワクチン「研究費足りない」 鳥越「日本ではダムに金が…」