がんと闘う74歳、ハングル弁論大会で特別賞

がんと闘う74歳、ハングル弁論大会で特別賞

流ブーム星に切望から始まって、70歳から韓国語を勉強し始めた女性は、北九州市であった北九州ハングル討論集会に参加しました、そして、特等を取得しました。 同じ都市の小倉南区(74)での本の寧子の収集。 それハングル研究明確に、肝臓癌と戦っている間のサポートでは、住んでいます。 いつで環境を討論と共に収集の集会でエネルギッシュにしたかがだれかを予約する半減期が権利を与えられて、「何か生きがいとする私のもの」は追いかけられました。
《それはC型肝炎から肝硬変と肝臓癌に進みます、そして、入院は1年間の半分で一度繰り返されます。 茎が全くなければ、それはよろめきます。 》

本の収集: 20歳の北九州都市の小学校の教師に。 夫は、後半に50代に癌になりました、そして、それは看病している間、教壇に立ち続けました。 肝臓癌は定年に1年後にアプローチした夏に私がも人間ドックによって見つけられました。
《20年以上前に出産するとき、それは、多量を輸血しました。 血液の上にC標準ウイルスがありました。 》

それが医師から処理まで集中することが勧められましたが、それは中断しました。 それは教師人生終わりの6年生の料金のためそうです。 それは入院しませんでした、そして、最後の子供は卒業させられました。
そして、引退から7年。 家で看病し続けた夫は、死にました。
《それは、1年間聞き古したであり過ぎてぼさっとしていました。 転機になったのは、「冬のソナタ」です。 「心はpeによってyonjunに完全に震動させられました。」 彼は、デリカシーで日韓を張る解かれた空気であり、存在します。 yonjunと韓国語で話したいと思います。 熱意と韓国人の研究は始められました。 》

70年ものの冬。 文法のDVD、ハングルの参考図書、およびpeによるドラマです、そして、映画を買いました。 交互に日本語字幕とハングルのタイトルを見ます、そして、繰り返して発音を練習します、そして、障害なしで日常会話をレベルに取得します。 韓国語に自らを譲るとき、また、神秘と物理的な状態は向上しました。 それは知人の推薦で勇気を出しました、そして、弁論大会に参加しました。
《トーラスは出て来ます。tsuibamu ao yonjunへの不運の種子を言うのは、愛読書です。それは私の青い鳥が癌細胞を食べるという許可なしで解釈されます。

18日の大学教授のスポンサーからそれを作る経営委員会であり、集会が国際的な村の交換センターで行われます。 だれかが公会堂でハングルを研究しました。9人、北九州に、都市のなどは参加しました。
本sの夢の収集に関してpeに会ってください。 「yoboyoboで無礼であるので. それはいつもはしゃぎ過ぎて、ターンするおばあちゃんです、そして、苦痛です。」

=2009/10/27Nishinihon News紙=

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


紀の川市のピンクリボンキャンペーンに貢献 上名手小に感謝状 »
« がん治療 医療・研究協定 県センターと放医研