がん治療 医療・研究協定 県センターと放医研

がん治療 医療・研究協定 県センターと放医研

独立行政法人/Natl. Radiological Sciの協会。(放射線医学総合研究所、都市稲毛-区)治療を終わります/県ガンにかかったガン治療の勉強合意は、第27に集まります(中央区、千葉市)。放射線医学総合研究所がガン治療と研究について合意を医療機関に結ぶことは、勉強有明病院(江東区、東京)のためのガン(ガン)会議の次の第2です。

 センターは、県のガン処置の足場組織として、主に活動、抗癌剤治療、放射線療法を行いました。他方、私がガン治療の危険性を調査する間、放射線医学総合研究所は研究所の病院でがん患者を受け入れます、そして、「重い小片線処置」のための放射線とレスリングは影響が通常の放射線療法に対してふるまうことができない体の深い部分のガンのためにあるとそれに言いました。

 医者は放射線医学総合研究所に紹介状のために従来は、中心の重い小片線処置の患者を与える準備をします、そして、私は努力をしました、しかし、合意によって、両方のエンジンの患者は滑らかに互いの医療設備を使うために可能になります、そして、両方のエンジンの処置の幅は開きます。

 そのうえ、文書のような相互使用または施設が可能であるので、より進まないで、研究をガン治療の発達に結ぶことができないのは、研究分野です。

 ディレクター放射線医学総合研究所(66)の辻井博彦、「いろいろな処置は、がん患者にしばしば必要になります」。両方の組織がこの合意によって最も高水準ガン治療をするようになったとき、私は予想について話しました。

(2009年10月28日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんと闘う74歳、ハングル弁論大会で特別賞 »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 音楽で、熱いメッセージ 永井さん/細坪さん