生きる:小児がん征圧キャンペーン 音楽で、熱いメッセージ 永井さん/細坪さん

生きる:小児がん征圧キャンペーン 音楽で、熱いメッセージ 永井さん/細坪さん

2人の古参者シンガーソングライターが東京に年末から新年からチャリティー・コンサートを相次いで隠します。 それは、「道しるべ(shirube)でない旅行」や前者などのヒット「吹くことの光」(1月16日、10年の千代田区の九段の南1における会館九段)によって知られていたryuukumo長井(12月26日の港区の東新橋1のヤクルトホール)の微小なtsuboki**です。 2人は96年以来Mainichi Newspapersが促進している「ライブな」幼児の癌の征服圧力キャンペーンに同意します。 それはステージから音楽まで病気と戦う子供と家族を助けます。 2人が歌を生み続ける熱いメッセージは確実に1日に関する頃進行中の人生から多くの子供を奨励します。 それは、微笑んで幸福に完全に感銘を与えながらそれを予想するのにおいて可能であって、ライブです。 【フジタをyutakanoします

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療 医療・研究協定 県センターと放医研 »
« がん治療・研究で連携 がんセンター放医研と協定 設備の相互利用など