がん治療・研究で連携 がんセンター放医研と協定 設備の相互利用など

がん治療・研究で連携 がんセンター放医研と協定 設備の相互利用など

独立行政法人「Radiological Sciの国家協会。」(ディレクター米倉義晴チーフ、稲毛区、千葉市)、そして、県ガン・センター∥(中川原章センター(都市中央区)の市長)研究の合意を署名します/ガン治療によって協力する27日間の県庁で治療協力。私は、放射線医学総合研究所が広く今後は処置によってガン・センターの前方に押す「重い小片線処置」を理解するために、協力を予定します。

 放射線医学総合研究所によって、重い小片線処置は、そこで深くカーボン線によるガンの一種の放射線療法をもつ通常の組織に対するほとんど害でないことと影響である部分のガンを治療することができます従来のガンマ線より大きいです。処置結果5,000以上が15年の間あると言われます。合意によって、私は医者の交流を利用した処置をすることによって同意しました/研究者(重い小片線施設)。

 合意によって、ガン・センターの患者は重い小片線処置を受けるようになるために簡単です、そして、放射線医学総合研究所で治療される患者はガン・センター処置において適切に受けることができます。私は施設(処置情報相互に)を使って、研究を助けることができます。

 放射線医学総合研究所のディレクター・ヨネクラ・チーフが調印式で「地域医療の改善に関与したい」とき、私は挨拶します。そこで「県側の係員は、長い人でなかった同じ都市にいましたか」。私は、私が密接に協力して、処置を行いたいと述べました/研究。(小川直人)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン 音楽で、熱いメッセージ 永井さん/細坪さん »
« 期発見へ解析技術開発 静岡がんセンターが企業と