期発見へ解析技術開発 静岡がんセンターが企業と

期発見へ解析技術開発 静岡がんセンターが企業と

県立の静岡ガン・センターは、慶応大(第27の人間のメタボリックシンドローム・ローム技術(山形、HMT))からの出発のバイオベンチャー企業と協力して、私が共同でガンの早期発見のために最も重要な問題であった独房で代謝物質の分析技術開発を行うと発表しました。私は、センター研究所でDNA情報を含む分析の4つの方法を統一した「統一オミクス」の勉強システムを準備します。
 私は一般にメタ・ボロを混ぜたもの(レポートを感じている代謝市民)、プロテオミクス(タンパク質情報)、トランス・クリプトを混ぜたもの(RNA情報)、ゲノミクス(遺伝情報)を分析します、そして、統一オミクスは遺伝子と代謝の両側からガンに近づきます。そのような統一分析のシステム・メンテナンスは、全国の間で最初のものです。
 腫瘍(腫瘍)目印の検索とガンの発生メカニズムの説明研究がHMTの代謝情報テクノロジーをガン・センター研究所にはある分析技術と統合することによって許可されると言われます。ガン早期発見以外の、治療効果と内部の特定の分子のモニタリング技術開発を攻撃している新しい分子目標医療の検索は、予想されます。
 私はすでに動物と細胞実験を始めます、そして、臨床では多くの患者数(子宮体がんの早期発見技術の開発)で新年に胃がんと闘います。
 研究所のマサトシ楠原博士「診断と処置の新しい目印発見にとても導かれて確信します」。私は、私がガンの忍耐強い生理学の条件を理解している強力なツールとして新しい発展をがん研究に期待することができると言います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療・研究で連携 がんセンター放医研と協定 設備の相互利用など »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/29 検診受診率を50%に