Dr.中川のがんから死生をみつめる:/29 検診受診率を50%に

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/29 検診受診率を50%に

まず最初に、厚生労働省などによる「癌の診察の50%の集会の販売促進の全の国」は10月10日に東京と池袋によって開かれました。 この集会は枡添要一の前の今年のHealth大臣が7月に設定した「癌の診察50%の販売促進本部」の活動の1つです。 「がん対策販売促進基礎プラン」にどれと共に閣議が定まっているコネ07であるかまで基づくアプローチががん対策の基本法則を実施するということです。

それは「2個の大きい目標」です。 「癌、癌患者、および家族のため死亡率の基本的なプランにおける、20%減の人生の品質を保つために。」 癌のため死亡率の減少を達成するために、癌の診察受診率の改良は喫煙率での減少と癌の治療の改良でキーをつかみます。 最も重要なアプローチによる基本的なプランにおける5年以内に癌の診察の受診率が50%以上であると仮定しながら、特に、癌の診察は目的とされます。 受診率が50%なるなら癌死亡率を約4%下げることができると思われます。
nagatsumaakiraとHealth大臣が始めに優先的に政府としてがんの早期発見に取り組んだという全国大会の決定は宣言されました。 長さの妻のHealth大臣のために位置に就いた後に、それは最初のイベント参加でした。
長さの妻のHealth大臣は、挨拶で癌で3人の日本人という1人で消え失せた現状を導入して、理由として日本の癌の診察受診率の低度を指摘しました。 日本はそれが2に30パーセント留まって、合衆国とイギリスにそれを位置させた現実を指摘しました、癌の診察受診率が80パーセント近かった間、「癌の診察50%の販売促進は国家的なプロジェクトです」と言って。 さらに「50%を超えている相談は、完了しています、そして、多くの人々が、初期段階に癌を発見します、そして、それは回復します。 日本人が幸福に直接接続して、私が欲しい大きい政策が、国を数え上げながらうまく行くということです。 」解決して、高らかで宣言しました。
出来事では、癌の診察の受診率の50%の達成のための一般とKenshin Uesugiのモデルを開けた後に、イメージ・キャラクタなどをさせたあなたの表彰式以外に私はスター混合物コーラスのメンバーへのKuniko山田や大学生などの「癌のクラス」をしました。
すばらしい秋に、日、多くの聴衆が、集まりました、そして、「癌を知っている」という真っすぐになることは重要な出来事になりました。 この機会に、癌の診察が上昇するように関心を予想したいと思います。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


期発見へ解析技術開発 静岡がんセンターが企業と »
« 紀の川市、CD作成/乳がん撲滅