アステラス製薬、米国メディベーション社との前立腺がん治療剤の共同開発・商業化に関する契約締結について

アステラス製薬、米国メディベーション社との前立腺がん治療剤の共同開発・商業化に関する契約締結について

東京、2009年10月28日–(JCN Newswire)–今回。アステラス製薬株式会社(東証: 4503)。, medei; -ユダヤ人になってください生物薬剤学的の前立腺癌の薬である”MDV3100″の開発と商業化が堅いのが世界各地に関係があるので。私たちがあなたのためにそれを知らせるつもりである、契約、合衆国とこの会社における社(. . イギリス偉大さ: Medivation Inc.、本部: サンフランシスコ(カリフォルニア)、および最高経営責任者: デヴィッド博士は掛かった)は結論づけられました。 dosetakiseruで化学療法に関する治療歴を持っている去勢抵抗前立腺癌患者のために意図するIII局面の臨床試験は現在、”MDV3100″のように進められます。
medei; -ユダヤ人になってください。アステラス製薬が1億1000万ドル支払う、一時金がこの契約を基礎づけた契約結論としての社。 そのうえ、3億2000万ドルの追加一時金を支払う可能性があるか、または様々であるのに従って、3億3500万ドルにおける一時払い以外に販売達成に従った以下は開発Milestone達成を合計します。 将来後者の用語の前立腺癌と初期のための追加試験を含んで、2つの会社が共同で”MDV3100″の広範囲の開発計画を進めるでしょう。 そのうえ、2つの会社が合衆国で共同で”MDV3100″を商業化します。 合衆国で開発と販売でそれを必要とするすべての費用と利益は、2つの会社で半分にされます。 medei; -ユダヤ人になってください。アステラス製薬がちょうど合衆国以外のすべての領域の周りに独占的な開発と販売を持って、アステラス製薬がそれが漸増する2ケタレベルのロイヤリティを支払う、合衆国以外のすべての領域での販売に従った社。
“MDV3100″は二世薬の口頭の抗男性ホルモンです。 “MDV3100″は抗アンドロゲン剤であったbikarutamidoが広く前臨床試験における大部分使用したより素晴らしかったアンドロゲン受容器ルートの抑制作用を示しました。 そのうえ、”MDV3100″はアンドロゲン受容器への障害、アンドロゲン受容器(核転移)の前立腺癌細胞核の障害への転移を結合させるテストステロンへの結合障害の3つの補っている動作による抵抗癌とDNAをbikarutamidoの増殖抑制と癌細胞の細胞死に引き起こします。 今年はじめに発行された科学雑誌科学のbikarutamidoより素晴らしい”MDV3100″のこれらの3つの動作の両方の前の臨床試験データは発表されました。
ASP3550(一般名: degarerikusu)がグローバルであるのによる多忙性ぼうこう薬に従って販売に加えた前立腺癌の薬の日本の臨床開発フェーズでそのようですが、アステラス製薬が既に泌尿器領域の安定したビジネスベースを構成した、「Beshikea、」 そして、「カラー警備」以外に「春名-Ru」がヨーロッパで販売される排尿障害改良薬の前立腺肥大症。 そのうえ、癌の区域は集中しています、そして、ビジネスに関する位置のリソースは弊社の焦点病の1つに集結されました。 弊社は、泌尿器領域と癌の区域の経営基盤が、より遠くにこの契約締結によって強化されると思います。
medei; -およそユダヤ人になりなさい、社(Medivation Inc.)
medei; -ユダヤ人になってください。社は、karuforuniaが述べて、焦点が処理の選択が特に制限される重症疾患がある新安値分子治療薬の開発に行われる合衆国の本部をオープンするバイオ医薬品会社です。

アウトライン: アステラス製薬株式会社

詳細に関してwww.astellas.com/jpを見てください。

先の問い合せ:
アステラス製薬株式会社広報室〒103-8411東京中央区本町日本橋2-3-11
TEL: 03-3244-3201 03-3244-3201
FAX:03-5201-7473

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


紀の川市、CD作成/乳がん撲滅 »
« アステラス 経口前立腺がん治療薬を導入 泌尿器・がんの事業基盤強化