州国際重粒子線がん治療センターの事業計画発表

州国際重粒子線がん治療センターの事業計画発表

それが九州のShinkansenの新しいTosu駅(Tosu市)の近くで設立を目的とした重い粒子線癌の治療施設の起業委員会(議長: 古河ヤスシ佐賀県知事)は同じ都市で開いたミーティングで運営方針と26日の基金などを含む事業計画を発表しました。
それは「九州の国際的な重い粒子線癌の処理センター」に決めました、そして、施設名の「伝説ハイテク」は愛称でした。 将来予想された必要性になる原価では、それは約150億円予想されます、そして、県からの補助金は約20億円です。 残りの約130億円は融資であると民間の投資と貢献で思われます。
そのうえ、SPCの「九州重粒子要員派遣株式会社」は基礎以外に処理を担当する「伝説の国際的な重い粒子線癌の処理基礎(一時的な)」、管理来年のなどをプランの管理の経営の告発と基礎の設立の施設に取ります。 「(重粒子線治療の施設:) 九州からなって、明確に上告したいと思います。」と、九州重粒子要員派遣株式会社で担当している人は論評しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ホワイトハウスに巨大なピンクリボン »
« がん克服のアマボクシング王者、最後の試合へ 来月3日、相浦署の松永さん