アスベスト:横浜市鶴見区で中皮腫12人判明 潜在患者掘り起こしへ講演会 /神奈川

アスベスト:横浜市鶴見区で中皮腫12人判明 潜在患者掘り起こしへ講演会 /神奈川

それは県の労働者の災害補償の職業病のセンター「掘り起こす潜在的患者」の講演会ですか?31日。中皮腫考えで、それが環境省の「健康なリスク調査」物の地区の横浜市の鶴見区であり、病的状態と12の人々環境暴露へのアスベスト(アスベスト)変化の多発であることは、分かりました。 神奈川の労災補償職業病センター(同じ地区)は「潜在的患者が掘り起こすのが、より必要であっ」て、31を講演につかみます。
センターは、情報が公開であるとアスベストの健康被害を認識した「環境再現維持メカニズム」(川崎市)に主張しました、そして、それははっきりさせられました。 このメカニズムは医療費と弔慰金が06年度2007に認識された人に質問しました、そして、それはそれを集めました。
住居**が同じ地区にある中皮腫の患者は26人です。 女性は、それが環境暴露でのこれらの中の依存が企業の周りに生きると予想した12人(死は含まれていた)であり、8人と、4人の男性でした。 2がそれぞれのために人々、umugi、通り、および馬場本町をhigashiteraoするとき、ある人がそのような状態で町の名前ははっきりさせられました。
電子andoe-materiaru(古い朝日アスベスト同じ地区鶴見の中心)だけ: 企業として、居住者の健康診断に応じます。 センターの重い事務総長Takashi西田: 07年間、中皮腫は始めの「健康なリスク調査」では起こっていませんが。 「遠くのアドレスの露出の例、電子、社ははっきりさせられました。 環境暴露の可能性、電子、社は外に来ました。 さらに、潜在的患者は掘り起こしています。」それはそれを指摘します。
犠牲者を運動させ続ける和子古河が、31日の午後3時に鶴見の中央のコミュニティ・ケア広場(同じ地区鶴見の中心)でそれについて講義します。 【ネットの谷のtoshikazu**】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アステラス製薬、米社と前立腺がん治療薬で契約 »
« 公開講座:がん治療を知る 成人病センター50周年記念、来月14日に開催 /大阪