P・スウェイジの妻、夫は「がんに負けなかった」と語る

P・スウェイジの妻、夫は「がんに負けなかった」と語る

9月に死んだパトリック・スウェイジ(享年57)、女優リサniemiが言って、それが初めて公衆にとって見えた米国の俳優の妻のロサンゼルスForにおける28日のロイターは夫の検死を入賞させます、そして、「人生は癌によって奪われたかもしれませんが、それは癌によって破られませんでした。」と、suweijiさんは、27日に言いました。
Niemiは米国ロングビーチ(カリフォルニア)で行われる会議にカリフォルニア州知事夫人のマリア・シュライバーさんと公開討論会に現れます。
それは、心が約2年が続いたsuweijiさんの病気の寿命に対する戦いで準備されたと思われましたが、全く実際にsuweijiさんをなくすように違いとして考えから話されました。
Niemiは、30日に34年間放送スケジュールの人気がある議長オプラー・ウィンフリーのプログラムと結婚した夫と共に分離の気持ちを明らかにすると言います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


公開講座:がん治療を知る 成人病センター50周年記念、来月14日に開催 /大阪 »
« 「切らずに直せる」がんシンポ