乳がんの早期発見を呼びかけるピンクリボンスマイルウオーク仙台大会(朝日新聞社など主催)が31日、仙台市青葉区で開かれる。昨年に続いて2回目の参加になるタレントの山田邦子さんは「一人じゃないよ。大丈夫」と、同じ乳がん患者らにメッセージを送っている。

  乳がんの早期発見を呼びかけるピンクリボンスマイルウオーク仙台大会(朝日新聞社など主催)が31日、仙台市青葉区で開かれる。昨年に続いて2回目の参加になるタレントの山田邦子さんは「一人じゃないよ。大丈夫」と、同じ乳がん患者らにメッセージを送っている。

乳癌の早期発見を求めるピンクのリボン微笑散歩仙台集会(朝日新聞などのように、後援する)が31日の仙台市の青葉地区で行われます。 昨年Kuniko山田に続いて、2番目の参加になるテレビタレント「それは1人ではありません。 金庫」同じ乳癌患者にメッセージを送ります。

乳癌における操作は経験豊富です、そして、早期発見と処理に懇願するようになります、そして、2.5年が経過します。 乳癌の早期発見が診察を求めるので、することができたのは、多くの手紙を手に入れるようになりました。 日本の乳癌診察率は20%以下でまだ欧米と比べて低いです。 少なくとも約50%なるのが、魅力的に保ちたいと思います。

物理的な状態は向上しました、そして、ホルモン剤は現在、酔っぱらっています。 それであるときに、不安はせきと熱が起こって、そのような時に「癌の友人」と呼ぶので、それを奨励するときはいつもの、ぶり返しがお互いであったかもしれなければ妨げています。 それがうれしい、それ、それを支持する一緒にいると楽しい人、お互いである、することができます。

それが1人でないと思うとき、強くなるのは、可能です。 微笑は本当に乳癌経験豊富な人の女性が会われていた、昨年の微笑が歩くすべてに輝いていました。 乳癌で情報交換して、歩くのは、チャットしている間、幸福でした。 したがって、食べ物が美味しかったので、スタッフはまさしくそのでした、私はすぐ、列によって仙台にいないのですが。

あなたに、だれが、現在、乳癌のため苦痛な時間を過しますか? あなたは、微笑散歩(乳癌を経験する人)で会いにシニアの微笑に来るでしょうか?Happyは、明日、それが苦痛であるかもしれなく、rutteを考えるほうがよかったことができた後に、ジャンプしながら、待ちます。

-    -

ピンクのリボン微笑散歩は、5キロの間の到着と集合場所への仙台市の青葉地区のこのスタンド公園と31日の午前10時の10キロのされた**であり当日、参加を受け入れます。 入会手続料に関して、学童800円であり就学前児童は一般的な1500円、自由です。 eco-バッグやバンダナなどの記念贈り物は関係者によって贈られます。

お客様のKuniko山田と次晴のスポーツ放送アナウンサーOgiwara、トークショーなどは午後1時に**このスタンド公園で予定されています。 乳癌に関するピンクのリボンと様々な普及の啓発商品の販売があります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「切らずに直せる」がんシンポ »
« 訃報:立川文都さん49歳=落語家、がん闘病を公表