【いわて健康塾】胃がん予防は生活改善から

【いわて健康塾】胃がん予防は生活改善から

一関の主要な診療所長沢ディレクター

今月の21日の「あなたは健康的に生きます(Howは胃腸です)」woで開かれた「4番目のiwate健康な塾」テーマ。 一関の講師穴の仮定、「胃腸の癌にかかるという危険は年をとると共に上昇した」、およびいつもShigeru長沢=ディレクターの身体の動きを= 念頭に写真を撮るとき、それが勤めた中央の診療所、および野菜を増加させた食事が、乗られると忠告されました。 約80人の聴衆がホールになった一関文化センターを混雑させました、そして、それは情熱的に聴かれました。
-

減少して、腎臓糸球体の濾過(それは炉ですか?)機能が弱くなって、病気になるのは年をとるのによる減少だけではなく、基礎代謝ですが、セルの中の水分量にも簡単になります。
ボディーの内部が、ライフスタイルの歴史を映し出す鏡であると言うことができます。 私は、定期的に健康診断を受けて、偏っている食事と運動不足などで胃腸の状態を悪化させたかどうか確認して欲しいと思います。

癌細胞の特性が再生することである、活発である、増殖能力、私と同じセル、相次いで。 早期に発見するのが、可能であるなら、患部が内視鏡で切られる操作は口から変化しました、そして、胃を切ることのない鼻は可能です。
最近、画像診断の精度は、医療機器についても開発が上手くなりました。 それは三次元に関する立体画像としてCT(コンピュータ断層撮影法)を使用した胃腸でイメージを診断できる状態で生まれました。 事故が胃で感じられるとき、医療機関でまず点検をきちんと受けたいと思います。
生きるための努力は癌予防に健康的につながります。 基礎代謝が下がりましたが、いろいろな事があれば、また、内臓脂肪は多くの脂肪分でものを増加させます。 内臓脂肪の蓄積は、善人ホルモン「アディポネクチン」を減少させて、血糖を調整するインシュリンで働きながら、鈍くなります。 その結果、ボディーの内部は癌細胞が容易に増殖する環境になります。
中では、40代になるとき、完全にfeededされているというわけではないことに基づいて意識してボディーを動かす人生を覚えておくのは、何よりも重要です。
(2009年10月31日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


円楽師匠、極楽へ…76歳肺がんで死去 »
« D・ホッパーさんが前立腺がん=ロスで治療に専念-米