ホスピス:考えよう 死の臨床研、年次大会 名古屋で来月7、8日 /愛知

ホスピス:考えよう 死の臨床研、年次大会 名古屋で来月7、8日 /愛知

ホスピスの歴史とアプローチを紹介する「33番目と日本死の臨床の社会例年の集会」が、両方のdayss11月に7時と8時までに名古屋市の熱田区の名古屋の国際会議センターで開かれます。 シンポジウムと市民公開講座などは「現在のすべて」で開催されます。「心について人生、および接続を見る、 人々、」 名古屋で成立するテーマとしての12年ぶりに。
ホスピスは、サポートと気にかけることが難しい病気を末期ガンのなどと家族のように回復させる患者に快適な生活を送るために提供される場所です。 全の国195の施設と県の中に12の場所があります。 それは、遅かれ早かれ、国内で30万人ですが、ホスピスでは、1年が消え失せる癌の人生の終わりを費やすことができるように4%の人だけと呼ばれます。
死の臨床の交際は、1つの大学の小さい社会から始めて、今2800人のメンバーで全の国に降りて、パリアティブ・ケアの普及で重要な役割を担います。 あって、職業のために意図する学術団体、およびまたまた、民間人と学生で広く受け入れる特徴と異なってください。
Takeshi佐藤の国立病院メカニズム豊橋ヘルス・センターパリアティブ・ケアディレクター、およびこの時間、それは**koです。集会の長さとして機能する名古屋大学医学部の安藤と教授。 シンポジウムの眼球はホスピスの出発点を見ます。 「遠い道路は歴史と現在の未来をホスピスにsonoします。 eikenheddoとAkihiko Okamuraを母として育ててください。 」。作家の柳田國央の頭、san;、あなた、hamaguchimichina–講演における講師としての名古屋大学のサーブ。 そのうえ、それは権利を与えられて、南東の市民公開講座における「食物と人生」、ヨシコ・日野原重い認識、聖路加国際病院の理事長、および料理研究家は話します。
年次大会は、抄録集料金を含む入会手続料9000円です。 唯一の市民公開講座は1000です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


生きる:小児がん征圧キャンペーン 根来さん5回目、支援コンサート /東京 »
« 健やかわかやま:がん遺児の高校生対象の奨学生募集 アフラックが120人 /和歌山