がん検診 重要視も未受診半数

がん検診 重要視も未受診半数

内閣府。行ってください。世論調査。癌。診察。重要。考えてください。答えてください。人。上がってください。これまで。癌。診察。in the background of答えてください。人。大腸癌。肺癌。半分。前後に。提供してください。わかりました。

内閣府は、全国を通じて8月から今年の9月まで20歳以上の3000人の男女にがん対策に関する世論調査を取って、全体の65%に達した1935人から答えを得ました。 答えられて、癌の診察が早期発見につながるのが、重要な点検であり、それによるとき、早期治療が尋ねられて、それが85%であり、「どちらかと言えば、そのように考えてください」が12%であり、97%の人がさらに、答えたと思われたか否かに関係なく、「それが重要であったと思われる」とき、「そのように、思いました」。 答えられて、「これまでそれを受け取らなかった」人の割合は大腸癌で51%です両方の、肺癌における47%、相談状況が他方では聞かれるとき、44%など胃癌の半分が前後にあります。 そのうえ、36%の人は、女性の中で乳癌で癌の診察に48%子宮癌で答えて、「これまでそれを受け取りませんでした」。 「さらに、それは、19%と、「健康は自信があります、そして、必要性は感じられない」という28%と「偶然それを受け取らないでください」をそれに尋ねるのが、18インチであることの2つ以上の答えで大部分です。「心配するとき、いつでも医師に相談するのは、可能です。」 診察が受けられていない理由のような次の%など。 厚生労働省は、この結果に関して「自覚症状の前の癌が診察と、診察のための実際に碁に起こるという重要な調査結果であり、啓発活動を続けたいと思います。」と仮定します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診受診率は3~4割に低迷 内閣府世論調査 »
« 内閣府は31日、がん対策に関する世論調査を発表した。がん検診について97・4%が「重要」と答えたが、過去2年間に検診を受けた人の割合は、最高でも肺がんの42・4%にとどまるなど、検診への関心度に比べ、受診率が低い実態が浮き彫りになった。