内閣府は31日、がん対策に関する世論調査を発表した。がん検診について97・4%が「重要」と答えたが、過去2年間に検診を受けた人の割合は、最高でも肺がんの42・4%にとどまるなど、検診への関心度に比べ、受診率が低い実態が浮き彫りになった。

内閣府は31日、がん対策に関する世論調査を発表した。がん検診について97・4%が「重要」と答えたが、過去2年間に検診を受けた人の割合は、最高でも肺がんの42・4%にとどまるなど、検診への関心度に比べ、受診率が低い実態が浮き彫りになった。

内閣府は、31日にがん対策に関する世論調査を発表しました。 癌の診察が答えられましたが、それが最も高かったとしても過去2年間で診察を受けた人の比率が肺癌の42.4%に残っていて度は興味があった状態で診察にたとえられた救援における低受診率が際立たれている現実、97.4%が「重要性」でした。

肺癌の胃癌の38.1%の、そして、子宮の癌(女性だけ:)以外の受診率は37.2%、34.6%、および乳癌(同じくらい上で同じ)32.3%大腸癌です。 どんな癌も20、29歳の受診率であり低く、胃癌が0.7%であるにすぎなく、大腸癌が2.7%であったということでした。
3.2ポイントと大腸癌のため最後の調査の受診率(2007年9月)と比べて、肺癌は各2.2ポイント増加しましたが、子宮癌は反対に1.8ポイント静まりました。 胃癌と乳癌はほとんど横ばいでした。
「赤熱の部分で食べないこと」による43.4に、%先端が中で「癌予防のためにそれを練習する」ということです。 今後、それらが42.7%「タバコは吸われなかった」注文であり、「バランスの良い食事をする」という42.2%など

3,000人の成人男女のためのインタビューで8月から9月まで全国を通じて実行されて、答えられた1935の調査。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診 重要視も未受診半数 »
« 大腸がん検診5割が受けず=改善わずか、認識と格差-内閣府調査