大腸がん検診5割が受けず=改善わずか、認識と格差-内閣府調査

大腸がん検診5割が受けず=改善わずか、認識と格差-内閣府調査

内閣府は、31日に「がん対策に関する世論調査」を発表しました。 100%における人は診察の重要性を認めます、そして、それに応じて癌の診察の受診率はすべての部品によってわずかに改良されて、調査されました。 しかしながら、大腸癌の50パーセントを含む「非-相談」レートは、高さと、そこでまだ救援になっていました。認識の間の大差。 「診察が早期発見で、より多くのPRである、」 厚生労働省において、調査結果はそうですか?
調査は3000人の成人男女のために個人面接方法で全国を通じて8月27日から9月6日まで実行されます。 有効な回収率は64.5%でした。
各44.0%、46.5%、および51.1%、胃癌の診察に答えた人の割合(肺癌、および大腸癌)が「それを受け取らなかった」という2–5ポイントは2年前に最後の調査から改良されました。 国がインディケータでこれに提供した「1年以内の相談」があったのは、答える、28.3%から36.3%でした。
子宮癌と独特の癌であった乳癌対女性の「非-相談」レートは各35.6%でした、47.7%、そして、それが約2ポイントの減少で最後の比率のままでした。
理由が2以上の診察に関する医師が「偶然」答えるunconsultがだれであるか2年間以上それらでそれを受け取っていない人に尋ねられるとき、28.1%は付けられます。 次に、それは「心配したとき、いつでも医師に相談するのは、可能であり」18.6%と「自信がある必要性は健康であると感じられない」という17.6%の注文でした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


内閣府は31日、がん対策に関する世論調査を発表した。がん検診について97・4%が「重要」と答えたが、過去2年間に検診を受けた人の割合は、最高でも肺がんの42・4%にとどまるなど、検診への関心度に比べ、受診率が低い実態が浮き彫りになった。 »
« がん検診、受診率3~4割台と低迷…内閣府調査