がん検診、受診率3~4割台と低迷…内閣府調査

がん検診、受診率3~4割台と低迷…内閣府調査

最も高い肺癌のため過去の2年以内の癌の診察が42.4%に残っている医師に相談した人であり、胃癌、大腸癌、子宮癌と乳癌の両方が内閣府が31日に発表した「がん対策に関する世論調査」からの30パーセントのレベルにのろいのが理解されます。
過去の胃癌38.1%における2年以内の受診率、大腸癌の34.6%の、そして、子宮の癌(女性だけ:)は37.2%です、そして、調査結果に従って、乳癌(同じくらい上で同じ)は32.3%です。 肺癌は、去年の2007年9月に調査の39.2%から増えましたが、他の診察は大いに広がっていません。
その人がいつ合っていたかは「そのように思いました」、そして、「どちらかと言えば、そのように考えてください」、癌の診察が重要な他方では、達した97.4%であると考えた人。
「偶然それを受け取らなかった」(28・1%)、(18・6%)、「必要性は感じられないことなど」が(17・6%)どちらかであった(2つ以上の答え)が尋ねられた、その人が「2年以上前に医師に相談する」か、または「これまでそれを受け取らない」「非-相談」の理由であることの高値が格付けするコネに列を作った「医療機関による相談されて、いずれの医師が調節するということであることができます」癌の診察。
特定の健康診断と4月からの保健指導(メタボリック症候群健康診断)の義務であり、’また、相談の原因の08の影響1が癌の診察の憂うつを評定する’という意見があります。 実行が高齢者医療法の自治体などに義務付けられて、受診率が低いときに、メタボリック症候群健康診断には、財政負担が加えられる刑罰があります。 他方では、癌の診察が、「努力義務」で滞在して、自治体などのメタボリック症候群の健康診断の啓蒙的な活動において傾向がある傾向があるので

8月に、調査27がありますか?Itは全国を通じて9月6日に20歳以上の3000人の男女のために面接調査法でそれを実行します。 1935人は答えました、そして、回収率は64.5%でした。
(それは19時に読売新聞です: 2031年10月7日、2009)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大腸がん検診5割が受けず=改善わずか、認識と格差-内閣府調査 »
« 「イージー・ライダー」のD・ホッパーさんが前立腺がん=米