がん検診「重要」97%、だけど未受診50%超

がん検診「重要」97%、だけど未受診50%超

内閣府は、31日に「がん対策に関する世論調査」を発表しました。 癌の診察の97.4の相談に答えましたが、実際に2年以内の癌の診察が胃癌で38.1%、肺癌42.4%、大腸癌の34.6%の、そして、子宮の癌(女性だけ:)の37.2%、および乳癌(同じくらい上で同じ)32.3%残っていた医師に相談した人、「それが重要であると思われました」。 2年前に最後の調査と比べて、両方がほとんど横ばいでした。
8月に、内閣府27がありますか?Itは3,000の全の国に20歳でさらに調査しました、そして、答えは9月6日にインタビューフォームによって64.5%における1935年から得られました。
「機会」は続きました、そして、2年間以上医師に非相談した人で医師に相談していなかった人のための18.6%×診察が受けられていない理由が2以上によって聞かれたときの28.1%の答えで大いに続けられていて、「心配したとき、いつでも医師に相談するのは、可能です」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


米俳優デニス・ホッパーさん、前立腺がんに 治療に専念と »
« がん患者支援リレー 鹿児島で500人、歩き交流