がん患者支援リレー 鹿児島で500人、歩き交流

がん患者支援リレー 鹿児島で500人、歩き交流

歩いて、癌と戦う人を支持するためにコードを結ぶために「つながりましょう。 人生のリレー」しかしながら、それは3の1日に鹿児島市のイルカ前のポートの海岸に面した公園で開かれました、そして、約500人は参加しました。
市民団体の「それは、癌のサポートか縞であっ」て実行委員会が癌患者、家族、およびそれを支持する人の交換の場所を作って、願望を共有するように、それはそれをつかみます。 「リレーフォの寿命」と呼ばれるリレーフォームを通り過ぎ続けます、そして、考えを得ます、そして、2007年以来それは、毎年活動出来事に打ち勝ちながら、癌の貢献を上げる合衆国で開いています。
すばらしいオリジナルと関係者は、約40チームに分割して、桜島とnishikiewanに約6時間コードを渡している間に面していた広場を歩きました。
また、完全になったTシャツを身につけるチームがありました、そして、関係者は遅いペースで人のステップを曲げていました。 笑い声を上げて、癌で死んだ人が、耐えられて、ホールで参照されて、それが「**と呼ぼう」と言いながらキャンドルが点けられるという外観。

Execution議長、(58) 病気の上側の中央に対する戦いでは、現在のMasamiに水をやらせてください: 癌のため。 「一緒に戦っている仲間がいるのは、非常に心強いです。 ショックを与えて、癌と診断されるとまた、孤立していると感じる人がいます。 皆お互いである間コンサルティングの、交換を明らかにしたいと思います。 」それは話しました。
(2009年11月1日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診「重要」97%、だけど未受診50%超 »
« がんのない世界を」 鹿児島市で患者支援イベント