がんのない世界を」 鹿児島市で患者支援イベント

がんのない世界を」 鹿児島市で患者支援イベント

癌患者と家族を養った出来事は、31日の鹿児島市でした、そして、病気人の勇気に対する戦いで満ちました、そして、それが癌の抑制を祈っている間に連続して歩いた、リレー散歩とチャリティーの自由な市場は開かれました。
炎は日没の時間になるとき願望願望に関するメッセージが書かれた紙袋のキャンドルで火をつけられました。 訪問した市民は、「癌のない世界」などのメッセージを見て、死の間近い人を我慢しました。
tsumakyoukoが無くなる同じ都市のYoshinochoのカズオ・山田(67): 今年の8月に。 「私は、苦しむ者が癌のため少しでも減少する世界になって欲しいと思います。 この光が妻に届いたなら、うれしいです。 」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者支援リレー 鹿児島で500人、歩き交流 »
« がん検診低迷 受診3、4割