がん検診低迷 受診3、4割

がん検診低迷 受診3、4割

過去2年間で癌の診察を受けた人に関して、相談率は3だけに40パーセント残っています、そして、改良されていた状態でほとんど内閣府の世論調査からの31番目を理解していました。
診察を受ける習慣は政府が2012年までに50%以上の受診率を目的としていますが、浸透していないように思えます。 厚生労働省は「兆候が全くないとき、診察が受け取られていないなら、遅くなり過ぎてください」として早めの診察を要求しています。

調査は9月の2027年8月6日に全国を通じて面接調査法で3000人の大人達に実行されます–1935人から答えを得ました。 有効な回収率は64.5%です。
そのうえ、癌の診察の受診率は憂うつ感じでしたが、*子宮の胃癌の*大腸癌の*乳癌で38.1%(0.6ポイントの増加)37.2%(1.8ポイント、減少する)34.6%32.3%(0.1ポイント、減少する)、および30パーセントのレベル(2.2ポイントの増加)滞在しました、そして、肺癌は42.4%(最後の調査(9月、19年)から3.2ポイントの増加)毎に40パーセント水準に達しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんのない世界を」 鹿児島市で患者支援イベント »
« エーザイ、抗がん剤開発でクインタイルズ社と提携、開発期間短縮と確度向上に期待