がん闘病経て幸せ気づく 中村啓子さん

がん闘病経て幸せ気づく 中村啓子さん

中村恵子の講演会

(61)の恵子ナレーター中村の講演会は、NTT(朝日新聞の富山の総局などのように、バックアップをとる)の時報などが鹿島富山町の教会であったように広い分野を発表することによって31日の富山市鹿島町で2丁目で知られるのから来ながら、立山町の写真=と等しいです。

テーマは「幸福のカバー」です。 「さん/さん」 中村は、男性の山の高校を卒業した後に、東京に行って、ナレーターになりました。 それは「1日後にスタジオの周りで多くを走らせる人生」までに属しているオフィスで筆頭で人気者になります、そして、30代に「また、奇妙なプライドは出て来た」と言われています。

しかしながら、癌に39歳のときに通知されます、そして、それはライブ入院に通知するでしょう。 私がテレビをつけるためにし続けていた仕事は、他のものの代理をしました。 「何、Wasを扱うことができない私が、それであるか、これまで幸福であるか、」

それはキリスト教を満たします、そして、「この声が神からの贈り物でしたが、それが私の願望にそれを使用したのに気付かれました」。 「その後、読書のボランティアは始められました。」 声を出してそれを読むとき、それはserifuに入れられた「願望」に集中できる状態で生まれました。 「殻は以前、良く言わされたことがありました。 しかしながら、真の幸福はharaを取るのを自我を訪問します。 心配があっても、それは、神が、電話することです。 」それは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


米俳優デニス・ホッパーさんが前立腺がん、治療に専念 »
« ISO9001認定を取得=仏ギュスタフ・ルーシーがん研究所〔BW〕