子宮頸がん予防ワクチン 年内にも国内導入

子宮頸がん予防ワクチン 年内にも国内導入

急速に若い女性に増加する子宮頸(Kei)癌のワクチンは初めて国内で持ち上げられます、そして、それは1年の中に予防注射するのにおいて可能になります。 癌に作成を引き起こしたウイルスが、感染しているのを防いだ「切り札」として導入されたワクチンは、集められました。 (Michiko Kamada)

それが性交でヒト乳頭腫ウイルス(HPV)に主として感染しているので、子宮子宮癌は発症します。 それは自己の免疫によって一度感染させられても、多くの場合、除くのにおいて可能ですが、長期の間いくつかの原因で続くとき、癌に行く可能性は上ります。 1年あたり1万人以上が国内で新たに展開すると見積もられていて、3500人は死にました。 特に、若い女性で増加します、そして、国立がんセンターがん対策クリアリングハウスによると、2100は2002年の初診の患者の数にそれを30代に20あたりの人々に見積もっています。 10年後に倍近いのはそれになりました。
それが予防ワクチンである、「Sa-barikkusu、」 「ワクチン接種厚生労働省が承認したグラクソスミスクライン社では、国内販売3は10月に調節されます。」 日本の子宮子宮癌の原因の約60パーセントアカウントと「18のタイプ」が予想されるのは「16のタイプ」は外国の約100の国、および2種類のHPVへの感染予防で既に承認されました。
3が調節するワクチン接種がsa-barikkusuに必要です、そして、カ月と6カ月の後1つにおける2番目の回が最初のワクチン接種を基礎づけたので、それは注入されるでしょう。 そのうえ、このデータから推測するとき、約20年間続いても、予防効果は少なくとも6.4年間続いて、海外の臨床試験に従った効果をすると確認されます。
別のものと万有製薬は子宮子宮癌の予防ワクチンの上で合衆国で作られた予防ワクチンの国内の臨床試験に取り組んでいます。
それは蓄積が大きいワクチンですが、問題には問題があります。また、期待が送られるキナ。
性交が経験豊富になる前に、ワクチンのワクチン接種の効果が最も高いという考えであることは少女です。 日本小児科学会と日本産婦人科学会などは11歳の少女を推薦する意見を発表しています–厚生労働省ですが、組み合わせにおけるワクチン接種目標としての14歳は優先権ワクチン接種の目的を示しません。 10代の前半が優先権ワクチン接種の目的、例えば、オーストラリアのカナダであり、13、既にいろいろな事でもスウェーデンの16歳であるところの導入される9(13歳、それは12である)13歳です。ワクチン国。
そのうえ、それは主として子宮子宮癌の治療を引き受ける総合病院の婦人科ですが、また、ワクチンの普及と啓発に、通常、10代が医師に相談するという小児科と内科の協力も不可欠です。 これを治療してください。(. . . . 唾液魅力的である. Hiroshi、) 兵庫医科大学病院(西宮市)の警備では、「保護者の理解を得るために地域の病院と診療所と協力したいと思います。」と、産科婦人科は話しています。

それはさらに、防止を目的としたので、保険の外で診療になって、費用で全額の自己負荷で全額の自己荷を動かすために重要な問題です。 約3になりながら予想されますが、インフルエンザ・ワクチンなどにかなりたとえられたこの金額の大金–ワクチン接種3回による海外sa-barikkusuのワクチン接種費用から5万円。 したがって、日本産婦人科学会などはワクチン接種から公的支援を要求しています。
厚生労働省、結核感染症課: 公費支援が外国に存在する多くの国がありますが。 「承認しました。 確かに、それが長期の間、有効であるというどの範囲がまだ調べられているところはステージでないか。 」。他方では、「時代に、効果が最終的に公費を負担すると予想できるのは、望ましいです。」と、これが治療する護衛は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


エーザイ、がん領域でクインタイルズと戦略提携 »
« がん対策へ条例も