がん対策へ条例も

がん対策へ条例も

秋田市1000のakimeitoku町では、1日間、秋田のがん対策について考えた「それが疲れた1つの番目ものの癌のフォーラム」が、ジョイなすでした。 他県の事例報告などがあります、そして、県での法令制定に関して、話されました。

内面の専門の総合病院のhikakore福田ディレクターはフォーラムでそれについて講義します。 秋田県(10万人のための癌を伴う死亡者の比率)の癌死亡率が、全国を通じて最も高く、癌死亡率の高さが高齢者の多くに関連すると仮定したなら、それはそうです。 そのうえ、胃癌と大腸癌の多くの患者が県にいますが、診察の受診率が低いと指摘されます。 下ろすために、死亡率、最初の予防販売促進の受診率改良、診察などが必要でした。

その後、NPO法人「愛媛協会癌のサポートorenji」の松本陽子理事長は、議員が連合させる県の兵士の始めとそれが我慢強い協会と提携して行動するケースを紹介します。 がん対策販売促進法令が高知県で制定されるまで、NPO法人の「それが癌を受け入れたところで会います」のKazuyuki小倉サブ理事長はアプローチを導入しました。

「一緒に県と提携した我慢強い協会としての秋田が兵士であると中だけの法令を考えたいと思います。」と、全く後援された県の患者群連絡協議会アセンブリ癌の「次のbouno虹」を代表しているTaguchiyoは話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん予防ワクチン 年内にも国内導入 »
« 抗がん剤分野でメルクとのマイルストーンを達成=米サイネクシス〔BW〕