がん登録、国全体での実施が必要74%に

がん登録、国全体での実施が必要74%に

内閣府。がん対策。世論調査。個々。情報。徹底。してください。前提未来。癌。診察。評価。癌。医療。評価。使用します。癌。我慢強い。診断データ。その後の経過。生きること。状況。情報。集まってください。癌。登録。国全体。実行します。尋ねてください。 「1%の応答者が考えるのが理解されること」は「はげました」がそうするべきです。どんな願望、も必要性それは18.6%に残っていませんでした。
それは2007年9月の調査が5つ増加したほど必要でないと思う答えがまた、指しますが、19.5ポイントによると、それが必要であると思う人の数は大いに増加しました。
調査は20歳以上の3000人の男女のために捜査官で8月27日–この年の9月6日まで全国を通じて癌への考慮、診察に関する考慮、および個人面接方法による癌の診療、癌登録などを実行します。 1935人から有効回答を得ました。
「知っている」人は13.6%に残る人を理解していました、そして、よく知るのは包含という単語だけですが、4%だけであることがほとんど知られません。質問における癌登録を知るかどうかがわかります(9.7%)。
34.2%がいつそれでそれによって癌登録の意味がわかって、癌登録の必要性が聞かれるのが必要ですか、そして、答え。 答えなどとしてそれをその39.9%合計するのがどちらかと言えば必要であったとき、74.1%が必要でした。 それは特にそうでした。中では、高いです(84.5%)。むけてください。 必要であると思われた20世代と30代(83.3%)。 この他、インターネットにおける「癌の情報サービス」の国立がんセンターの申し出を知ったのは21%に残っています、そして、78%は知らないとして答えられます。 そのようなサービス実行の周知の活動が病院と治療法に関する説明から要求されるのが理解されます、癌の情報サービスにおける、癌のなどの原因と防止以外に。 (編集料金: **tsunoと入賞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん罹患の不安、6割近くが「ある」 »
« 一緒にがんと闘おう 鹿児島市で命のリレー 500人が7時間ウオーク