一緒にがんと闘おう 鹿児島市で命のリレー 500人が7時間ウオーク

一緒にがんと闘おう 鹿児島市で命のリレー 500人が7時間ウオーク

だれがそれを支持しますか?癌患者、家族、およびそれら、結びつき、歩いて、癌と戦われた気持ちは、分割されたお互いです。 「つながりましょう。 人生のリレー」(癌のサポート鹿児島の後援やNishinihon Newsペーパーカンパニーのように、バックアップをとります)しかしながら、10の31カ月目にそれはこれほどkoushinmachiに鹿児島市の水のフロント公園でした。 約40 500人のチームは上告されました、そして、また、環境ターンと診察の重要性は正午から約7時間公園に懇願しました。
それは2007年の1番目、および3番目をつかみます。 そして、癌に関する情報角と奨励に関するメッセージが書かれた角がホールに、あった、「Ruminarie、」 また、夜、キャンドルを表示して、癌で死んだ人が、悼まれたそれをしました。
Execution議長と給水は病気に対する戦いにおける(58)をnagamasamiします。「それは、同じ思いをしている多くの人々がいるのを知っています、そして、元気と勇気は得ることができるべきでした。 希望を持ちながら扱うとき、それは、それが欲しいです。 」それは話しました。
== 2009/11/03のdukinishinihonshinbun朝刊について

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん登録、国全体での実施が必要74%に »
« 雄勝中央病院「がん拠点」解除へ