雄勝中央病院「がん拠点」解除へ

雄勝中央病院「がん拠点」解除へ

空白医療圏2に増
本年度以降、国の「癌の診療のための基地の病院」の仕様によって雄勝の湯沢市の中央の病院にリリースされると予想されました。 目的は、厳しくされた国、および1回の減少が湯沢県でも指定病院と北秋田地区に加えた雄勝地区で8つの病院になって、空白の地区になるという要件をいっぱいにしないことです。 癌死亡率は最もひどく、全の国のこの県、空白の地区の増加が大きい否定的要素であり、また、患者から不安の声を提起するように思えるということです。 (佐藤をnaoshinします)

国は管理部門の推薦に基づく癌の診療にベース病院を指定します。 システムは2006年に下部の上げの修正と診療レベルの地域格差のために始動します。 375 厚生労働省によると、病院の県の全国的な9つの病院=テーブル=包含は今年の4月現在、指定されます。
補助金の受信**があります、そして、仕様が受信されているとき、国立がんセンター(東京)などの全国の病院と医療情報診療報酬添加以外になど利点は共有できます。 それは、その領域のベース病院として操作、放射、および化学療法などを結合する特別な医療を提供して、患者と家族のサポートを引き受ける役割です。
それは医療の質の改良のために論評しました、そして、国のための規定要求事項は高級処理とパリアティブ・ケアが最初に、などでできたシステムの維持でしたが、放射線治療機器などのインストールは新たに要件に加えられました。

それはどんな必要な放射線治療もその結果、県の中で要件をクリアするのを機械加工しない雄勝の中央の病院に不可能になります。 県は推薦を延期しました、もっとも、再仕様のために先月の終わりまでに推薦の本を国に提出するのが、必要でした。
他の8つの病院では、新しい要件がクリアされます、そして、県によると、来年度以降指定されると予想されます。
国は全国を通じて1つの原則病院のそばの348の場所の2番目の医療の球に関する仕様を規格にしていますが、8つの医療の球の2つの場所(北秋田、湯沢、および雄勝)が県の中で空白になります。 全く患者と家族から作られた「秋田県の癌患者グループ連絡協議会アセンブリ」を代表しているTaguchiyoは「’基地の病院’について失われた秋田市から遠いことへの湯沢と雄勝に関する患者の不安は大きいです」と仮定したくて、これに懇願する「設備の存在などのような困難な敬意だけではなく、患者のも近くに描くために医療を実施する病院の仕様が必要だった状態で可能にされるので、通信はフレキシブルではありませんか?」です。

県は、「雄勝の中央の病院は、これまで癌の診療のベース病院として役割を果たすべきです」と仮定して、これがないかどうかオリジナルの県のサポート・システムの基礎を調べています。 そのうえ、雄勝の中央の病院を経営するJA秋田厚生連:「完全なセットのためにする放射線治療機器を3億円買うことができません。 この病院が地域住民のために運ばれるどんな機能も役割も避けられないのですが、それがそれについて決めに国に行ったことがあった未来に変化しないでしょう。 」それは話します。
- 全体の国の診察受診率における死亡率悪の向上課題

県によると、2008年に癌で県の中で死んだ人々は、3929人です。 10万人あたり癌死亡率は355.6人でした、そして、それは12年連続で1全国的な最も悪い位に入りました。
各部分では、「肝臓癌」がそうでした。19番目に入賞してください。 「43番目。」「気管と肺癌」 「胃癌」、「食道ガン」、「直腸癌」、および「胆嚢癌」は1全国的な最も悪い位でしたが、入賞してください。 これが受け取られていて、県は、塩分の摂取量を減少させるのが重要であると仮定して、各保健所のそばでトレーニング協会をつかんで、防止のための食生活の改善に、魅力的です。
そのうえ、患者の数の増加は予測されます、そして、将来死亡率を下げると年をとることの進歩で最も重要ながんの早期発見と思われるでしょう。 胃、大腸、および肺はそうする自治体が18–31%(年度2007)で滞在して、しかしながら、県が50%にそれを改良しながら12年度で目的として、啓発に挑戦しているという癌の診察の受診率。
(2009年11月3日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


一緒にがんと闘おう 鹿児島市で命のリレー 500人が7時間ウオーク »
« 【健康】「子供のホスピス」国内での設立へ動き