【健康】「子供のホスピス」国内での設立へ動き

【健康】「子供のホスピス」国内での設立へ動き

高められた「人生」が支持される場所に

難しい処理の施設それが支持する「子供のホスピス」病気の子供と家族。 その後、1982年にイギリスオックスフォードに設立されたのは多くの国で始めで生まれました。 それは日本にまだありませんが、達成のための動きは耐えました。 (恵子をkikuriします)

- 家庭的な環境で、気にかけます。

「ヘレンとダグラス家」について10月に日本への設立を目的としただれの医療関係者が、世界と最初の施設であったかが招待されたことを心配しているパーティーとセミナーは大阪市で開かれました。 創立者のフランシスドミニカ共和国は先の約700人の聴衆、それを言うことに関する「すべての重要性(病気)が子供と家族の声を聴いて、歩いた上記の両方」について話しました。

イメージと共に導入された施設に関して、それは木と強い色彩の豊かな緑色の花によって同封されます、そして、また、温水プールとおもちゃでいっぱいの部屋を備えています、そして、パーティーなどの子供にはおもしろいことができる出来事は、アクティブです。 そうした専門家は豊富な状態で経験します。完全になります、そして、気にかけるプログラムは結合しています。そして、医師、看護師、理学療法士、および音楽療法士. . 結合する、州の子供個人におけるマッチ。 ”微笑がどの子供、家族、およびスタッフで印象的であるか、そして、「家庭的な環境における注意」(ドミニカ共和国)という姿勢のシンボルが評価されると言うことができます。
人による端末の気にかけるのが人でありresupaito(休ませている)で短期間病気の子供を保つために多くを占領しながら目的について気にかけながらそれを使用する、また、家族が特徴にいることができる部屋であるので、依存があります。 長男が厳しさがハンディキャップをつける脳の上にいて、時々施設を使用する市民米の芽「沈滞の構成による長期にわたる看病の継続に関して、それを難しく支持する人が、存在するところで安心感は大きいです。 心身がここにある状態で充電することによって普通の人生に戻るのは、可能です。 」それは
- 文化で存在する施設

いくつかの問題が日本への設立のために指摘されました。
まず、単語ホスピスが、死を関連づける傾向があるという心理学的な抵抗感覚があるに違いありません。 施設の医師とウィリアム・ソーントンに関して、それは、「家は、高められた’人生’だけで死ぬので、いずれの場所も支持されない場所です」ということであり、強調されます。 また、市民は、初めの明るい家が家にある状態で大気の中に保持された心配が、やっつけられたと言います(転倒してください)。
そのうえ、資金集めであることは、難問です。 施設はイギリスでの地域住民などの貢献で管理されます、そして、使用は無料です。 ボランティアはリサイクルショップを管理しています、そして、利益が最近経営資本に割り当てられると言われています。
ドミニカ共和国「有名な人はまた、様々な場所で活動を言うのに協力するようになりました。 ワンステップは小さいかもしれませんが、それは徐々に成長します。 」日本について関する党は奨励されます。 そして「私はうれしい日本での新しい運動を考えます。 私は、必ず、日本の文化で存在する子供のホスピスを作って欲しいと思います。 」それは呼びました。
-

【用語集】ヘレンとダグラス家

それは回復を予想しない2歳の娘ヘレンの看病で提案します、そして、看護師のキャリアを持っているドミニカ共和国は、「時々ヘレンを保って欲しいです。」よう疲れ果てている両親に提案します。 彼らがそれをリフレッシュできたとき、両親は嬉しかったです。 このとき、始められたresupaitokeaはその後、ヘレン家の誕生に通じました。 現在、子供のホスピスがイギリスにある、40 または、より多く、そして、カナダや、オーストラリアや、ドイツや、合衆国などの多くの国に設立されます。 「ダグラス家」は2004年にホスピスによって若い人のために生まれました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


雄勝中央病院「がん拠点」解除へ »
« 「がんに効く」の悪質商法、消費生活センターに相談相次ぐ