「がんに効く」の悪質商法、消費生活センターに相談相次ぐ

「がんに効く」の悪質商法、消費生活センターに相談相次ぐ

関連会社従業員が京都県警によって逮捕された後に、高額製品を買った癌患者と家族の相談は特殊材料メーカー「山本化学の産業」(大阪市生野区)を結合して、展開した布材料「バイオラバー」の上の違反に関する薬事法ケースの様々な場所の消費人生センターへ連続しています。 それは歌われます、そして、「癌のための仕事」は、癌患者と家族の激しい欲望を踏みつぶすために悪性の商法に更新されます、そして、怒りの声は上がります。
大阪府の消費生活におけるバイオラバー製品の買い手から、それ以来、先月の20日に逮捕を中心に置いてください。「それは、それが癌で働いたと信じていましたが、だまして、それを買いました。 商品を返したいと思います。 」10の相談が相次いで来ます。
このうち、40代の女性は、状況説明で「外で癌細胞をだめにするという効果がありました」と聞いて、母親のために病気に対する戦いで約300万円でバイオラバーのマット、ベスト、ベルトなどを買いました。 母は、昨年死にます、そして、上告であり、「お金を返します」。

また、30代の女性が癌にかかる母親のために約200万円のための通信販売でマットとベストのセットを買います。 60代の癌患者の部下は、差し込みを見ると言って、約18万円でベルトとマットを買いました。
両方がキャッチコピー「癌のための仕事」で輝くことができたとき、担当している良い中心者は驚いています、「バイオラバーによる、ある根拠でないことで効果を述べる健康な記事の多くの相談がありますが、かなり、大きいことのクラスが差し当たりお金を達させるということです」と言って。 大阪だけではなく、それも言われています。相談が奈良と千葉の各県によって引き起こされている、など
医療がアウト、 「’癌が通知されるとき、問題の人も家族も冷静に捕らえられません、そして、それが甘い単語で上告する、商品と民間療法に費やして、必ず回復してください’を指す癌の進歩に対する仕事へのNPO法人「癌のネットの日本」(東京)のディレクターShoko川上、あらゆる、何百万円も珍しくない、」

当然. 家がわら所有物..Itに噛み付く願望で改善するテストが、国を数え上げる科学的根拠に基づく多くの癌の治療の信頼性を判断できる環境づくりを進めるのに必要です。インターネットなどにおける善悪のオーバーフローの混合物の上に処理情報をこの出来事、および癌に制限しない、「ある. . . . 意味」Itは上告します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【健康】「子供のホスピス」国内での設立へ動き »
« 記者の目:石綿がん被害 公的調査機関の創設を=大島秀利