記者の目:石綿がん被害 公的調査機関の創設を=大島秀利

記者の目:石綿がん被害 公的調査機関の創設を=大島秀利

それは労災補償と企業の求償主義から漏れます、そして、代償の違いのため喘ぎながら言うアスベスト(アスベスト)癌患者がいます。 収入の道路は中止されます、そして、家族は自らを困難でも見つけさせられます。 確認が欲しいことでは、アスベスト損害は、経済発展でもたらされた産業損害です。 それはそうです。回復であること。 犠牲者のようなyashi、およびアスベスト健康被害の療法はそうです。それを奨励するので、不十分です。
最近、私は、アスベスト癌の中皮腫にかかった3人の女性と知り合いました。 3民族と私たちの仕事は40代に後半に若いアスベストにかかわらず発展しました。 アスベストが吸い込まれた後に、潜伏期が平均して約40年であるので、それが子供であるときに、それがしゃぶられたと思われます。
アスベストの療法は、労災補償で対象外の06のうちの3人のように患者を救うために励行されました。 しかしながら、保護は1000万円労災補償で数個になるかもしれませんが、この法の供給合計は何カ月ものなどあたりの1医療費あたり10万円と回復小遣いのように原則に300万円残っています。
酒井市の酒井・ウォードのアルバイトの女性は去年の5月の彼女が胸の痛みのように感じの診断を受けたとき、49歳であった中皮腫でした。 状態は、今年の6月に急速に悪化して、消え失せました。 アスベストを置いた麻袋の再現工場が家の裏にありました。 既に移転した工場は、中小企業です。 社長は、「約20年前に、それはアスベストの危険を知るのがありました」と説明して、「それに影響を及ぼす可能性は0ではありません。」と言います。女性の中皮腫。
出荷によるどの父親が内外に行ったか、そして、同様の麻袋再現会社(酒井・ウォード)までの大阪市の女性(57)が46歳であった98年の年は中皮腫に理解されます。 神父は、アスベストの危険を知らないで、助手席で時折若い女性(娘)を連れて行きました。
胸膜と左肺の摘出手術が成功しましたが、05で再発して、働くのが不可能になって、独身の女性は、働き続けていました。 病院へのタクシー料金は約2000円です。 「階段は、息苦しくて、苦痛であったこと」は列車とバスによるリターンを救いました。 労災補償で病院に行く実費を定期的に要求できますが、アスベストの療法でそれを要求するのは、可能ではありません。
女性は悪化します。今その節できないで、軽くなる処理に移っています。 それは兄弟のお金のヘルプなしでそれが望まれていますが、生きるために、「温泉に行って、余生の間、生きたいと思うこと」が可能ではありません。
日本通運の従業員、05における中皮腫で死んで、労災補償が右の春(75)(kojima–uharu)に兵庫県のAkeshi市にfurushimaの夫に認められたとき、アスベストを輸送したキャリアがありました。 ある記念日に終わらなかったのと同じ年間暗くなるとき、重大なものは理解されました。 その時、45歳であった長女は中皮腫と診断されました。 長女は、約10年前に事故のため夫を失って、20歳か、より少ない2男性で1人の女性の手を連れて来ていました。 それは弱りました、そして、主張された酸素を吸入した内部と長女は、堪えるのにおいて可能でした。 「私は子供で死ぬことができません。 母は助けます。 」

長女は、去年の夏に死にました。 右の春頃にだれが航跡でも泣き続けたかを心配している間、孫は倒れました。 それはそうです。「. . 叫びkashitena単におばあちゃんと2日間決して泣かない、」

それらはmagotakuの2つの仏壇です。 長女のひとりは残りを置くカップルを結びつけました。 孫の母親の代わりに生きるために家から右のスプリングに取り出す夫のひとり。 長女だけの回復小遣いなど範囲はアスベストの療法で量を規制しました、そして、検死への支給は葬儀費用の約20万円です。
「孫は私の正面で泣きません。 しかしながら、それでも、地下の子供は高校の一年の大部分です。 それが少なくともアスベストの療法と就学する助けであり、大人になるのに人生を与えるなら」それは願われています。
それを言って、アスベストは使用されました。様々な産業による安い耐熱材料。 政府が遅さであることの場合にさえ専門家の最近の研究における発癌性を承認したのが、1960年代の前半であると思われましたが、一般的な労働者は長い間知りませんでした。
アスベスト病が原因で展開した可能性が仕事していて、労災補償が認識されるなら、作業Standards Inspectionオフィスは労災保険システム(オフィスは保険を寄贈する)に基づいて原因を調べます。 しかしながら、労災補償の可能性が全くなければ、それはそれを調べません。 例えば、労働者の仕事ウェアと道具が動作している間、それがアスベストで汚くても、労災補償は扱われません、そして、妻と子供はそれを吸い込みます、そして、それは癌にかかっています。 工場の周りの居住者が汚染のようなアスベスト病になっても、管理は原因を特定し始めません。 3人の女性がそのような「アスベストに関連する産業の周辺の人」でした。 ”

アスベストの一部に関係づけられた企業は、工場の周りであらゆる数1000万円で一定の条件で患者の救援のお金を支払うためにシステムをインストールしました。 しかしながら、状態から外れるとき、償うか、または相手の会社にはシステムが全くないということであることは、簡単ではありません。 信用は犠牲者サポートグループで専門的技術で結果を得ますが、調査における限界があります。
そして、それを提案したいと思います。 1つは公立のアスベスト調査機関の基礎です。 それを分配する省と企業に関する情報が、分析された職権によって集められます、そして、犠牲者がアスベストを吸い込んだ状況は確かめられます。 代償と未来の損害は、調査結果に基づく防止に、予測されて、使用されます。
別のものはアスベストの療法の供給の増進です。 必ず、飛躍の量について就学して、回復小遣いサポートが定期的に病院に行く費用の実費支給や覆いなどの遺族が求償主義から漏れる人々に必要です。 民主党は政策収集における違いとスペースを持っていないアスベスト犠牲者の救援に乗り出しています。 私は、犠牲者の声が政府をうながすのを聞く新しいシステムを構成して欲しいと思います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がんに効く」の悪質商法、消費生活センターに相談相次ぐ »
« 乳がん撲滅月間終了