乳がん撲滅月間終了

乳がん撲滅月間終了

特に早期発見を求めた「岩手ピンクのリボンフェスティバル」と乳癌の10月31日1カ月に関する終わった早期治療。 人の目的を更新していて、「将来啓発活動と勉強会のためにこの期間、受け取ることができた協力と資金調達を使用して、さらに活動を明らかにしたがっていました」と言いながら、jin**は「iwateピンクのリボンの協会」の議長をterasachikoします。

乳癌撲滅月に従って、フェスティバルは県の中で初めて、実行されました。 期間のためのピンクのリボンで木に飾り付けをしたとき、様々な活動を開発しました、そして、様々な場所でピンク色の光をしました。
約5万円、盛岡市のカツイチの佐藤のどの営業支配人にこの帝国の王子がイオンの盛岡の南ショッピングセンター(SC)であるかが買物客によって引き込まれた資金調達箱が手に入れられた=写真の最終日=はjin**テラに手渡されました。議長。 マネージャの佐藤「多くの人々が興味を持っていました。 将来、この活動を助けたいと思います。 」それは話しました。
(2009年11月4日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


記者の目:石綿がん被害 公的調査機関の創設を=大島秀利 »
« 医療ナビ:子どものホスピス 英国生まれの施設。その役割は。