医療ナビ:子どものホスピス 英国生まれの施設。その役割は。

医療ナビ:子どものホスピス 英国生まれの施設。その役割は。

子供のホスピスのイギリスの出生の施設。 役割。
- 子供と、家族と、手に負えない病気について気にかけること。
- 注意される残りと遺族は、1時に保つことによって、nurserにそれを支持します。施設イギリス人で生まれた「子供のホスピス」オックスフォード。 それは日本で難病と家族の子供を支持する施設ですが、なじみ深くなるのは薄いです。 広く知っているとき、パーティーは関係があったと推測した交換セミナー(Mainichi Newspapersなどのように、バックアップをとる)は、10月の大阪市でした。 それを後援する経営委員会の小児科医は上告、「日本にとって、必要な施設」です。

世界初の子供の創立者のホスピス「ヘレンとダグラス家」フランシスドミニカ共和国、この家、およびユーザの医師はセミナーに日本に来ました。
一般に、ホスピスは終末期医療(端末の気にかける)が末期ガンの患者などに行われる区を示しますが、「子供のホスピス」は少し異なっています。 この家のウィリアム・ソーントン医師が主な役割であって気にかけるとしての*難病の子供のためにいつだけを取るか*子供について気にかけながら損をした遺族のwoを数え上げる、「保管家族に残りを与える、」 *が死なせるResupaitokeaが、数え上げられます。 また、理学療法士、作業療法士以外に社会福祉士、教師、および医師はこの家に降ります、そして、それはチームで多面的に気にかけることを打ちます。
2歳の少女の家族がドミニカ共和国と命名されている状態でこの家が交換から生まれた、だれ、それは、脳腫瘍に苦しんだ尼僧の元小児科の看護師であり、ディレクターとヘレン(腫瘍)であったか。 両親が自宅療養を続けているヘレンの看病で疲れ果てているのによるもう立つことができなかったということであることが、提案して、ドミニカ共和国は数日間、ヘレンを保ちます。 ヘレンが満足な時間を過ごしている間また、両親が残りを取ることができたと言われています。
ドミニカ共和国は人の人生の残りが制限された子供が18歳の家庭的な雰囲気と「ヘレン家」のためこの経験から費やしたか、ヘレンがその後、死にましたが、または、より少ない82年間の子供物が確信して、貢献に基づいて設立されたという施設の必要性を確立しました。 さらに、16–35歳の間に意図する「ダグラス家」は設立されました。 41の施設がイギリスにあります、そして、それは現在、ドイツとオーストラリアに広いです。
サナエ、来るのによる重い脳障害を兵庫県から隠す長男(9)を育てる市民(イギリスの生活)が、健常者の次男坊などの4家族でこの家への訪問をいつも楽しみにしています。 「私は子供の看病における孤独を感じるかもしれません。 それは家によって支持されています。 」それは説明しました。
人の人生の残りが限られる難病の子供は日本の約2万人であると思われます。 しかしながら、同様の施設を証明するために、多くの問題が日本にもあります。 雌ジカはそれです。イギリスは06、および***5億円の医療と福祉が列挙される*年?*死のためにどう経営資本の両側の上にresupaitokeaの場所を見つけるかを関連づける名前への抵抗などの感覚の間の(パリアティブ・ケア部と誕生している内科)300000000の様々な場所の施設を点検する大阪の市の一般病院の多田の医師のryuuhiraで留学しに行きます。
「それが管理と議論ですが、運営母体になるNPO設立を目的としたいと思います。」と、**多田の医師は話します。 【高いnosatoshi】

- それは自宅療養と心身の負荷の重いkuです。難病の子供を雇う家族は、慢性の疲労を蓄積しました。 大阪の市の一般病院が、166家族のためにだれが自宅療養を誘導した難病の子供がいて、(108人の答え数の人々)を管理したかを調査したとき、5時間以下は、66人と共に睡眠時間のように半数を超えていました。 また、民族が看病するための1–3に答えた、「2時間」(3人)の間の人、「3時間」(4人)、および33は下ります。間隔起きること。
そして、「それが「ボディーはだるく」対応している、「それは頭痛があります、そして、重い」、」「何でもないこと腹を立ててください」、 肉体と精神の疲労における重い症状の子供がいる家族におけるなど 38人が答えて、「必要でしたが、それは受け取られない」で、「サービスを受けた」という14の9が子供を滞在させ続けるためにショートステイの使用に内容に答えた、「不満である、少し、」 そして、「かなりの不満。」 調査を担当する同じセンターのShin岡崎医師(初期神経学)「難病の子供を雇う家族の人生に関する調査は1回目です。 環境が支持した必要性は、救援で際立っていました。 」それは話します。
==============

- それは使用になります。子供のホスピスの物。 「人生を脅かす病気」
- 病気、その根治処理は可能です。

幼い癌と精神病など

- 死前半は、処理に従って人生長期化が可能ですが、避けられなかった病気です。
脊椎(脊椎)キャラクタ筋肉収縮(萎縮)シンドロームと筋ジストロフィなど

- それは進歩です、そして、処理は、症状の緩和に制限された病気です。
ムコ多糖症と染色体異常など

- それは非進行性の病気です。もっとも、逆にできません。
重大な脳性まひと頭部外傷後遺症など

- イギリスの小児科学協会による

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅月間終了 »
« アスベスト:中皮腫死者、10年で倍増