アスベスト:中皮腫死者、10年で倍増

アスベスト:中皮腫死者、10年で倍増

本は「病院のランキング」のような人気があります。 しかしながら、そこで紹介された処理データが、見られるとき、それに注意するのが、必要です。
例えば、同じ種類の同じ進歩レベルの癌の「5年生存率」が比べるとき、それになっても必ず良い処理をA病院に受けるというわけではなくて、A病院はB病院より優れています。 20人はそれぞれ再発します、そして、同じ年齢構成の癌患者が2つの病院で100人のグループで治療されるなら同じくらいで2つの病院の癌の治療の技術を言うのが、可能であり、それは死にました。
しかしながら、60歳と、B病院である病院が改良する我慢強いコネAの平均年齢、80歳はA病院の5年生存率です、そして、生まれつきの名手は5年生存率ですか? それは癌を除きながら死ぬ多くの患者が、また、B病院で死ぬ患者に含まれているからです。 このように判断されると役に立つのは、「癌登録」です。 「癌登録で集められた個々の患者のデータに基づいてそれを分析しないなら、正確な情報は得られません。」
患者の同意を得ずに癌登録を実行するのは重要になります。 例えば、同じ処理をする肺癌の200人の患者がいたと思われます。 良い物理的な状態の100人は、これらと100の中で重い兆候を伴う人々が登録に同意する協定を全く仮定しないと仮定します。 100の80であるときに、だれが同意するかが5年後に生きるでしょう、そして、同意しないすべての患者が、死にます、そして、データに残っている5年生存率は、80%なります。 しかしながら、200人で見るなら生存者が80人であるので、実際の生存率は40%なります。
名前と個人情報を校合するのが、必要である、そのようなもの、それぞれの病院のデータであるときに、医師に相談する患者には2つ以上の病院も大いにあるので、同じくらいに関するデータの反復を避ける生年月日が我慢強くて、それぞれ集まっているコネは管理部門です。 一言で言えば、個人情報のすべてのサンプル登録と使用が癌登録で必要です。 癌登録の制定がなぜ望まれるかは、理由です。
データは、いくつかの研究所も学者も独占されていませんが、きちんと公表されて、人々によって使用されるべきです。 そして、次世代の患者はどの病院が良いかという有益な情報を使用できます。 その時、癌登録は「過去の患者から、現在」になります。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医療ナビ:子どものホスピス 英国生まれの施設。その役割は。 »
« エーザイと提携して抗がん剤開発=米クインタイルズ〔BW〕