がん治療テーマに発表会

がん治療テーマに発表会

この講演会が苗の交換協会によってさらに、行われました。 講演のテーマは癌の医療です。 各分野の専門家は、6時頃に胃癌の内視鏡治療と乳癌項目の最新の処理以外に痛みを和らげたパリアティブ・ケア医療などとして今後の課題などを発表しました。 毎年の約4000人が県の癌であるので、それは死にます、そして、死亡率癌の罹患率は全の国です。 癌の診察の受診率はこの半面のRuが横ばいの状態を続けているということです。 ボディーへの小さい負荷があるカプセルタイプの内視鏡は昨日の講演会で発表されました、そして、定期的な診察の必要性は上告されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


エリザベス・ハーレイが自身で開発した乳がん予防のためのオーガニック食品を発表 »
« ビールで前立腺がん啓発活動、ピンクリボンの男性版目指す