アスベスト:自営男性石綿肺がん死、勤務工時の労災適用へ--国方針転換

アスベスト:自営男性石綿肺がん死、勤務工時の労災適用へ--国方針転換

アスベスト(アスベスト)は労働者時代に理解されます、そして、処分を中止する国の計画は不当なことであると証明されて、それが要求した岡山地方裁判所で訴えます、そして、処分キャンセルは特に、肺癌前者における息づかいの妻が死んだ労働者を絶縁したので、急激に減少する代償が、政府の自営業者のために労災保険を接合したのを理解していました。 原告の主張、および結論すると、、訴訟に従って労働者時代の労災保険が適用されると予想されます。 代償には、倍増する可能性があります。
今年の7月は同様の訴訟で訴訟に勝ちます、そして、肺癌患者は横浜地方裁判所で訴訟に勝ちます、そして、それはそれを修理します。 厚生労働省も、8月に改良通知を出しましたが、国が9月の最初の討論で戦った姿勢は岡山の訴訟に示されました。
前者が労働者作品を絶縁した、「サン、-、ヨー、絶縁、」 1955–77の年間の岡山県の玉野市について。 アスベスト含有量の断熱材はインストールされました。 その後、自営業、およびそれを構成しながら扱われて、特別番組が労災保険を91に接合するというアスベストによることです。 それは02における肺癌になりました、そして、03における、66歳のときに、死にました。
妻は06年間代償を要求します。 倉敷Labor Standards Inspectionオフィスは攻撃に最もアスベストの近くで関連するオフィスで労災保険を使用するアプリケーション原則を評価します。 1年の遺族補償は、特に07に接合するとき、自発的に保険に基づく59万円の労災補償がセットしたと認めました。 【**ri、大島】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ビールで前立腺がん啓発活動、ピンクリボンの男性版目指す »
« がん克服の警察官ボクサー、勝利で飾れず 「おやじファイト」引退試合