がん克服の警察官ボクサー、勝利で飾れず 「おやじファイト」引退試合

がん克服の警察官ボクサー、勝利で飾れず 「おやじファイト」引退試合

40の部分の羽のクラスタイトルマッチ–49歳のアマチュアボクシング集会「Zaと父親の戦いスピリッツ」は3日に33歳の、または、より経験豊富な人のために意図した東京の後楽園Hallに保持されます。 羽のクラスのチャンピオンと局面の湾の笙警務課=のプレーヤーのSatoru松永(54)=係長は、最初の丸いTKOと共に破られて、(41)=東京=に挑戦した王の50歳以上のプレーヤー小山余市の部分の引退試合に飾り付けをすることができませんでした。
タイトルマッチはこの日、最終的な状態14ゲーム目の上のメインカードです。 堂々のminagiraseとそれプレーヤーの松永。 ..闘志、大部分はローカルの来ることのプレーヤーの小山のアシスタントでしたが、約1000人の観衆に入ります。
それが始めから両方の打撃を交換するようになって、小山のパンチがきれいにするプレーヤーがプレーヤーの松永へのヒットになって、それはそれより倒します。 回復したプレーヤーの松永が、反対にプレーヤーの小山でロープまで運転して、パンチに接続しました。 しかしながら、レフリーは、プレーヤーの小山の強いパンチが再び何度か打たれた場所でゲームをするのを止めました。 それはそうでした。1/1ラウンド8秒。
「それには、パンチパワーが思うよりありました」と言って、プレーヤーの松永はプレーヤーの小山で満たされます。 「私は少なくとも3回戦と戦いたかったです。 十分を練習しましたが、疲労は取ることができませんでした。 」それは苦く感じられました。
生徒と同僚が応援させ続けた約20人。 プレーヤーの松永の生徒としての2番目として機能した警視庁暴動鎮圧部隊のHiromichi佐野が目のヘッドを赤くして、(24)=から来る佐世保市を話した、「願望、それが場合におけるプレーヤーで打ちつけた闘志を消して、忘れないでください、」

プレーヤーの松永「それは私に続いて、しっかり年少者を育てることによって達成できないだろう夢をそれらに預けます。 今後、それは役割です。 」新たな夢は誓われました。
医師によって6数半年前にn「1年間の半分で死んでも、楽しませていない」という病気のとうがん外観に報告されたので、27年間再開します、それがプレーヤーの松永が18歳のときに詰め込みながらプレーし始めますが、「死のそばで日本の先端になろうといっ」て、時間つぶし(探偵)になって、一度それを止めたと言って。 それは去年の3月に父親戦いスピリッツのチャンピオンになりました、そして、2度のディフェンスは実行されました。
しかしながら、それは、物理的な状態を心配する家族の不安が大きくなっていると感じるという結果になって、もうゲームでリングを出すのにおいて決心しています。 それは同じフェザー級として時代の異なったカテゴリでチャンピオンのプレーヤーの小山に挑戦しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アスベスト:自営男性石綿肺がん死、勤務工時の労災適用へ--国方針転換 »
« 解決金600万円で和解 県立がんセンター訴訟