解決金600万円で和解 県立がんセンター訴訟

解決金600万円で和解 県立がんセンター訴訟

その宇都宮市は不適当です。縫合、肝不全のため、県のがんセンターで以下を操作した後に、(57)の死は、= その時、男性会社従業員と等しいです。 , それを言う、原因。 県から約6200万円の遺族の要求された損害賠償が4番目、および和解のときに宇都宮地方裁判所(竹内厚生裁判長)で保たれた訴訟の和解協議は県が解決策のお金として600万円支払う内容によって承認されました。
包含ではなく、原告とディフェンスに従って、診療の因果関係、死、および謝罪は前述の決済条件です。
県の医務の厚生課によると、県は診療の因果関係と男性の死を認めません。 それは想定されていて、「我慢強い側への説明が十分でなかった部分があった」というなどです。 , そして、「内容が損害賠償が補償であったと認められる」、半面の解決策のお金はこの分割の、そうです。
地方裁判所は、和解するよう提案していました。 原告のサイド代理人「私は、病院の応答には不適当な部分があった内容があると思います。 裁判を起こした意味がありました。 」それは話しました。
彼のものはなどを食べます。男性が取り外す、1999年8月の胃癌を伴う陳情などに従った同じセンターで。 食道腸につながった操作は、受けられたなどでしたが、縫合部分は離れています。男性は、同じ年の10月に肝不全で死にました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん克服の警察官ボクサー、勝利で飾れず 「おやじファイト」引退試合 »
« 団十郎公演を白血病患者らが観劇