がん検診の受診率向上へ協定締結 秋田

がん検診の受診率向上へ協定締結 秋田

癌を伴う死亡率は終わりました、そして、最も悪い方(20年間それは試験であり、10万人あたり35は5.6人であった)を記録した全の国の秋田県は保険における財政と4会社が連携企業が5番目の12年連続で診察の受診率を改良する協定で1つのグループを合計すると結論づけました。
それは、秋田銀行と、北都銀行と、東京海上日動火災保険と、アフラックと、終わった県の総合保険会社です。 9日から集中キャンペーンとして分配されて、癌の診察のために関心を改良する1カ月の元々リーフレット各社フォーラム以外になど啓発のための癌の副読本などのすることの目的。
もっとも、19年度に実行された自治体が、胃癌のため18.8%(全の国の11.8%)の大腸癌によってまだ低レベルと呼ばれているという癌の診察の受診率は29.7%(18.8%)と全の国より高いです。 県の地図では、それは50%の受診率を24年度まで目的とします。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


団十郎公演を白血病患者らが観劇 »
« 県と協定 接客時間の長さ生かす