県と協定 接客時間の長さ生かす

県と協定 接客時間の長さ生かす

服役する協定の長さは県と共に有効に利用されます。県は目的とする中で5日への1つの癌死亡率リターン最も悪い癌の診察の相談を促進する金融機関との県のなどにおける協定を締結しました。 県で長い給仕時間で金融機関に協力することによって広い啓発活動に行くと思われます。
診察相談は、癌の早期発見のために集中キャンペーンの期間として金融機関の窓口でちらしを場所を見つけて、分配することによって、9日から1カ月を求めます。
それは、2人の銀行(秋田と北の首都)、東京海上日動火災、およびアメリカンファミリ命が2つの保険会社によって調べられる協定に県をつなげた県の統合健康会社です。
11月?Itの9は想定されて、177で質問するのが、4つの金融機関県で窓の合計で入賞して、診察の現状を理解して、12月9日まで未来の県の測定にそれを反映したがっているということです。 癌の副読本はアンケート協力者に分配されます。
10万人あたり2008年の県の癌死亡率は355.6人です、そして、それは12年連続で全国を通じて最も悪いです。 また、最も高い肺癌でタイプで見るとき、自治体が年度2007にした癌の診察の受診率は18.8%で31.7%と最も低い胃癌で低いです。 県。受診率。改良。早期発見。処理。接続してください。死亡率。改良。大きい。主要。なってください。してください。終わってください。受診率。向上してください。目的とします。

佐竹知事は癌のため若いこの日の協定結論の挨拶で友人を失う診察の触れることの重要性を強調します。 それは、説明されていて、「それがねばねばしました、そして、強いアプローチが必要だった」ということであり、各組織に協力を求めました。
(2009年11月6日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診の受診率向上へ協定締結 秋田 »
« 【がんと闘う ワクチン療法】(上)“第4の治療”に期待高まる