【がんと闘う ワクチン療法】(上)“第4の治療”に期待高まる

【がんと闘う ワクチン療法】(上)“第4の治療”に期待高まる

免疫向上と癌細胞tataku

- 有効性は臨床試験によって確かめられます。
癌細胞を攻撃する「癌ワクチン処理」が、ボディーが元々持っている免疫のパワーを使用することによって、大きな注目を浴びます。 特に、2つ以上の病院で安全と有効性について確かめる臨床的な研究は、ペプチド(タンパク質の断片)を使用する処理から始めます、そして、癌患者からの既存の治療法が無くなる遺産は高いです。 専門家を操作、放射、および抗ガン剤に続ける治療法として熱い一目を送ります。
  

処理はそれが住んでいるところで望まれています。

「ひどい効果がもたらされなかったと思われましたが、何らかの応答が感じられます。」 「したがって、千葉道徳州の協会病院(千葉県の橋の都市)のShingo朝原サブディレクター(消化器内科)はペプチドワクチン処理の印象を話します。」
この病院による既存の治療法が**3月に**(吸い込む)癌患者のために発展した日本(この実験室ヒトゲノム分析ヘッドを中心に置く)でのゲノム(すべての遺伝情報)解析研究を導いたMedical Science(東京港区)の東京大学Instituteの中村教授のアシスタントですが、ペプチドを使用するのによる臨床試験にそれをするのが疲れ果てているということです。
膵癌が想定される、それ、残り、患者では、また、ある年以内に診断で死ぬ人も多くの治療法で疲れ果てているのによる一般に、人生が数カ月であるということです。 また、腫瘍(腫瘍)でだれがこの病院が臨床試験をしているかに我慢強く、および毛皮でマーカーを減少させる患者がいたと言われています。
朝原サブディレクターは約10年間癌(癌)の実験室の青白い朝の月の病院(江東区)に消化器官癌の治療にかかわるべき経験を持っています。 そのような場合に膵癌で遭遇していないと非常に異常に言われていて、臨床試験の節は癌が自然に見えなくなるケースがありましたが、肝臓癌などの患者で驚かせられているのが見られます。
微笑は示されていて、それが終わる時点で臨床試験に参加した8月の終わりに「抗ガン剤処理がいつ既に役に立たないとして終わったかを心配しましたが、治療法がまだあったと聞く望みは持つことができました」と言って、tagayamichi浅野(80)による9番目の処理は港区=と等しいです。
  

二度陽性患者は生活です。
大学病院は全国を通じて中村教授が2006年に食道ガン、胃癌、および大腸癌などで開発したペプチドを使用する臨床試験に主に終わっていて、ワクチンに反応するリンパ球は、分かって、陽性の患者は、長い間暗い患者と比べて、生存日が2倍か以上であることを理解しています。
寿命のメディアンは達成されます、そして、そのうえ、HLA(白血球のタイプ)はだれがいないか、そして、25カ月二度長くなるという効果がどの10–12カ月の前立腺癌患者で過去であるなら久留米大学病院(福岡県の久留米市)が抗ガン剤で実行する別のペプチドワクチンを結合する併用療法による”A2″のタイプで達成されるかに関する既存の治療法で達成されます。
そこ、また、論文は合衆国の「効果は単一のペプチドワクチンで不十分です」であり、患者の期待がそのような結果に上がりますが、有効性が問題のようにどう大いに判断されるかは、不十分です。
中村教授「ゲノムを使用するので、癌の治療法は大いに変化しました。 薬になるなら、10万年間の人々は日本の癌死亡を減少させるかもしれません。 」それはそれを予想します。
-

【用語集】癌ワクチン処理

癌細胞の独特の抗原が見つけられる「サイン」、および癌細胞だけを攻撃するための治療法による免疫治療のリンパ球などの1つ。 抗原は樹状細胞、癌細胞、およびDNAを含んでいます、と血液の中のなどはペプチド以外に患者から推測しました、そして、開発は世界中進められます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県と協定 接客時間の長さ生かす »
« イラク小児白血病探る 信大院留学の医師ら遺伝子解析