がん遺児に奨学基金

がん遺児に奨学基金

年度2010に癌のため両親を失った高校生を支持した「アフラックの癌の親のない**は基金を研究する」新しい新人募集が、始まりました。 高校生のために月額2万5000円を卒業に提供する必要はありません、そして、高校入り口の計画をする人であり、それはそれを返済します。
それは1995年に設立されます、そして、合計で1391人は奨学金の供給をこの基金に受けました。 アプリケーション: 2月28日の来年まで。 問い合せはアフラックPublic Relations部(03・5908・6411)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


イラク小児白血病探る 信大院留学の医師ら遺伝子解析 »
« 【がんと闘う ワクチン療法】(中)免疫療法 人により効果に差