がん検診:受診率向上目指し協定 県が5企業・団体と /秋田

がん検診:受診率向上目指し協定 県が5企業・団体と /秋田

がんの早期発見のための診察相談速度向上が試みられたとしても、県は金融機関など企業とグループとして相談の協定を5との販売促進協力にしました。
参加企業は、秋田銀行と、北都銀行と、東京日動火災保険と、アフラックと、県の統合健康会社です。 それは、直接県の住民を受けて、早期発見と早期治療で癌を治療することになっている機会のこれらの多くの窓で啓発小冊子とチラシを配布できるように上告されます。 その後9番目の集中キャンペーンの期間から1カ月絶え間なくなりながら、それが呼ぶと言われています。
全国を通じて12年連続で355に上がっている、1位; 県(08年)の癌死亡率の県の健康推進課によると、6は10万人毎を住ませます、そして、力はかつての年と女性が県で2年(唯一の子宮は、かつての20のうちの1年から39歳である)に一度医師ミルクと彼女の子宮に40歳以上の人に相談するようにだけ胃、大腸、および肺の癌の診察が求められるagingTheを進めました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【がんと闘う ワクチン療法】(中)免疫療法 人により効果に差 »
« ワコール:乳がん手術後の女性に下着相談--26~28日 /山梨