健やかわかやま:乳がんテーマに、体験談や討論--和歌山市保健所で14日 /和歌山

健やかわかやま:乳がんテーマに、体験談や討論--和歌山市保健所で14日 /和歌山

「和歌山でのピンクのリボン運動」は、14日に患者が開く乳癌から講演会和歌山市の都市の保健所の大きいホールで「乳癌はこわがらない」という吹上5をしました。 無料。
県の薬の大きい地獄の外における部のテールのurashouji准教授は、午後1時に「乳癌診察で新しいこと」を導入します。 Tsuneko小倉、もだれ、それは様々な場所でそれについて講義し続けて、乳癌患者である千葉県の小倉耳鼻咽喉科(それはのどですか?)の医師です: 2時に。 「naga?乳癌. ‘Earlier検出..turningが終わった状態でそれが生きている、共存’Entitle、..talkを経験してください。

3:15と公開討論会のときに乳癌看病認識看護師を交換します。 そこに、また、無料相談が医師と看護師であります、そして、相談角だけがメール( pinkribbon_wakayama@yahoo.co.jp )との先願を受け入れます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ワコール:乳がん手術後の女性に下着相談--26~28日 /山梨 »
« 最新の「粒子線がん治療法」を紹介 佐賀市で公開講座