がんフォーラム:鳥越俊太郎さんらが講演 京都で開催

がんフォーラム:鳥越俊太郎さんらが講演 京都で開催

ジャーナリストの鳥越ShuntaroとKeiichi中川准教授、東京大学では、病院の放射部は7番目、前部で説教されるところの京都市Shimogyo区のオータニホールと癌の治療の問題で開かれた「それが癌を知っていた京都の全国的なフォーラム」(Mainichi Newspapersやアフラックのサポートのように、後援する)です。 約800人の関係者がメモを取りました、そして、それは情熱的に聴かれました。
癌が自発的に我慢強いということである鳥越さんは滑稽に点検と処理の外観を導入します。 「それは明確に免疫改良に導く目標を持っている人生、癌と共存するための最も良い方法である」という前述であり、ことでした。

そのうえ、「ライフスタイル、早期発見、および癌にかからなかった早期治療は、重要でした。」と、中川准教授は強調しました

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


最新の「粒子線がん治療法」を紹介 佐賀市で公開講座 »
« 「目標持ち、がんに立ち向かおう」 鳥越俊太郎さん、下京で講演