「目標持ち、がんに立ち向かおう」 鳥越俊太郎さん、下京で講演

「目標持ち、がんに立ち向かおう」 鳥越俊太郎さん、下京で講演

「それが癌を知っていた京都の全国的なフォーラム」、(後援される、京都新聞社、など、)、それは、どう交際するかに関する現実と癌に伴う処理が7日に京都市Shimogyo区のオータニホールで開かれて、ジャーナリストの鳥越Shuntaroが呼んで、「免疫は上がりました、そして、それに立ち向かうのは、積極的になるなら癌にかかったとしても目標を持ちながら、可能であること」を学びました。
大腸癌と転移の除去術を繰り返した鳥越さん: 先の約800人。 人生と人生の深い考えでは、’感じるパワー’は環境の..eventです。「. 生まれる私は、明るく生きて、癌と共存して欲しいと思います。」Itは話しました。
そのうえ、 Keiichi東京中川アカデミーの重病の准教授、: がんの早期発見の重要性に関して。 「日本の理由は、高く欧米と比べて癌の診察が癌で死亡率に広範囲でないということです。 診察で発見できる初期の癌は、こわがりません。 」定期的な癌の診察の相談は上告されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんフォーラム:鳥越俊太郎さんらが講演 京都で開催 »
« 初の乳がん検診 母の発病告白で決意 驚きと苦悩の末 向き合う