初の乳がん検診 母の発病告白で決意 驚きと苦悩の末 向き合う

初の乳がん検診 母の発病告白で決意 驚きと苦悩の末 向き合う

乳癌に関して、20人の日本人の女性というその1人は掛かっています、20人の若者–その人の30では、展開します。 母(52)は、3人の娘が4–8歳である35歳のときに病気になりました。 それが来た、それを機にそれが私たちへの最初の乳癌であることを明らかにする操作の後に年の2007年春のぶり返しへの私たちに15を推薦して、強く診察を受けます。 初めてぶり返しから2年間の25歳の母親の結婚として同じようにターンの機会を利用しながら、診察を受けました。 (Satoko黒田)

07年間、私が岡山支店への人のポストに新しい図ジャーナリストとしてちょうど行ったところなときには、跳んでください。 それは福井県にオフィスでの私の携帯で母親からの通話を両親の家族で持っていました。 「仕事は経験担架です」と言って、それを切り取ります。 母親は、古くは覚えていますか?「入院Thatは乳癌です。」Itは、突然解決しながら、言われました。 それを言って、その単語が引き継ぐことができなかったなら、ぶり返しについて自供しました。「そのうえ、それになってください。」

入院のスケジュールを話した母と私への単語にならなかった声を提起した操作は繰り返されていました、「ぶり返しであったので、それは既に良くないかもしれません」と言って。 幸い、操作は成功します、そして、母親は生きています。
Itは20代です、そして、narun; 中でyadeするのはmoganです。遺産でそれになるのが、簡単であるか否かに関係なく、いいえは知られています。後に癌を言う母親: . 「早く診察を受けてください。」Itは頻繁に解決を言うようになりました。 それが答えられましたが、診察を受ける「局面」なしで私はいました。 そして、「それはまだ早かった」という願望願望があったかもしれない、「それになるとき、どんなに怖くてもそれがそうである、」「arawa本当に」

しかしながら、それは母親からの今年の秋とそれの名高い25年ものの誕生日がだれになったかが「母親が結婚した年になった」という手紙とあって、真剣に反対である気持ちでなりました。〈母親の病気、〉

診察を受けるという決定をしたなら、それは母親の癌の経験を知りたくなりました、そして、それを呼びました。
母: 私にとって、だれが、「理由はぶり返しにさえ教えられませんでした。」と聞きますか? 「子供が見るとき、炉はすぐ同じくらいショッキングです。 私は女性として負債を感じました。 」それは話しました。 再建は拒否されました、それを言って「私が突入したくない、ボディーへのメス、もう、」 右の胸が切除されましたが。 退院した後に、妹と私たちと共に一緒により若い小学校の2年ではまだ風呂に入っていませんが、理由は初めて、理解されます。
病気になるとき、母親は、待合室で周知であるのをやかましく泣かせたと言います、「子供の成長を確かにしません」と言って。 それは、胸の形を切望しているために話されました、見られていなくて、それの2カ月後に知った鏡が操作の後にこの部屋であったこの世代の患者の死を出たので。
操作の後に、胸に触れるのが母親の習慣になったと言われます。 経過したとき、塊がその胸骨上部にありました、そして、先発からあるのにおいてぶり返しへの恐怖がわずかにありました、そして、ぶり返しと再手術になりましたが、それに気付きました。
-

私が10月に日本の乳癌(癌)社会の理事長の庭のohiroshi川崎医科大学(倉敷市)の教授の下に胸部X線写真診察を受けた、それ、乳癌月。 扱うならぶり返しの少ない可能性がある1センチメートル以下の癌の検出が可能であると言われています。 張られましたが、それは、5分(絵ともので取る)後に至るところに天地の間に胸を置くために終わりました、そして、それに面していました。
2が親等をdainadoするか、または以下に乳癌患者両親と今日があるとき、人々が乳癌患者の中で約5%を占めると言われていて、庭テール教授によると、半数が遺産であると確認されます。 圧力、高いカロリー、および高齢出産の食事などは要素であると思われます。 毎年乳癌と診断された女性は、約4万人です、そして、約1万人は死にました。 しかしながら、日本の診察率は、約20%に残っていて、70と比べてかなり低いです–80%の欧米。
診察であることを知っていました、そして、癌の兆候が全くありませんでした、そして、それはさっぱりしました。 しかしながら、それから気付くなら、それはそれを触診します。 「金庫」と確認してください。 怖い意志は中に未来を影でおおいますが、私は定期的に診察を受けるつもりです。
- ?- ?*?*

記事などToの印象に読売新聞岡山支店を送ってください、(8の22、〒700・0821 手紙がある2(はがき)が)メールする岡山市の北区nakayamakuda( okayama@yomiuri.com )かファックス(086・224・3370)。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「目標持ち、がんに立ち向かおう」 鳥越俊太郎さん、下京で講演 »
« 南アフリカでビキニ姿の女性287人が大集合 乳がんの危険性を訴えパレード